Loading...

Oct 2, 2017

牧志公開市場:2020年計画の前に「沖縄の台所」を見る



沖縄の厨房「牧志公共市場」を見たい時は、今の時です。沖縄のマーケットシーンの壮大な老人は、騎乗隊の庭に向かい、話すようになり、近くの新しい場所で生まれ変わり、2020年の準備が整います。


牧志市場の終わりは、現在の見せかけで、しばらくの間続いている。那覇市が実施した2006年の「強さ」調査では、市場は修理や改革を超えており、代わりに卸売りの変更が必要であるという残酷な結論に達しました。那覇市が発行する牧志市場の計画をまとめた2015年には、日本の中央政府からの補助金を適切に利用/確保するために再開発プロジェクトが必要であるとも言われている。


2009年に策定された「基本的なリストラ計画」は、市場が2020年に開かれる予定の近くのニギワイ広場に移動することを提案した。 2015年の概要では、牧志市場を19億〜35億円で移転する見込み費用を詳述している。


日本の多くの市場と同様に、牧志は1950年に正当な事業として設立された戦後の闇市場に根ざしています。現在の見せかけの市場は1972年に設立されました。


2015年の調査によると、牧志市場への訪問者は、世界遺産に登録されている駿河城(​​Shuri Castle)が沖縄でも受けたのとほぼ同じ人数で、1日あたり約6,500人、年間約226万人の人が訪れたと推定されています。


近年、市場は「沖縄の人々のためのキッチン」と名付けられていますが、沖縄の沖縄を訪れる人の約70%(2015年の調査では12.5%)の人々です。


これらの数字は、おそらく那覇のおみやげショッピングのメッカである国際通り(International Street)のすぐそばの市場の地位によって悪化しているかもしれませんが、地元の市場を訪れることはどんな旅程でも必須だと確信しています。国際色豊かな店舗で販売されている色とりどりの箱入りのパッケージ商品で、牧志市場は「地元」のルック・アンド・フィールを持っています。そしてここでは滅菌包装で来るものはほとんどありません。


100を超える屋台や飲食店では、牧志の肉や魚が外国人に引き寄せられ、果物や野菜や乾燥した物品が敷かれないという不気味さを引き付けました。見知らぬ人の視点から見れば、奇妙な奇妙なもののリストのトップは、豚の顔の目撃である - 「chiragaa」(文字通り「豚の顔」)です。訪問者は豚肉の前身を燻製の牧志で買うことができますが、地元の人々は自宅で醤油で茹でることが多いです。美里食肉店ベンダーの美里食肉店では、一対のサングラスをつけているブタの頭(本物)を見つけられるかもしれません。


牧志市場、沖縄の豚肉の隆盛は、これらの島々の中国の初期の影響力にまで及んでいます。この影響は、豚肉が沖縄の伝統的な出来事の定番となり、豚の顔のしわが目に見えないものもありますが、地元の人々は動物、虫などを十分に活用していることを誇りに思っています。


豚が死んでいると、牧志市場で売られている魚の多くはまだまだ生きている。牧志には20社以上の魚の売り手がいて、それはおそらく市場地域の中で最も活発なものです。私たちの訪問の間に、ほとんどの訪問者が購入するよりもむしろ写真の機会のためにここにいたことは明らかでした。大ロブスターが約5万円で売られていて、これはおそらく驚きではありませんでした。真の市場スタイルでは、ここの労働者は、確かに写真を撮っている人々(「あなたの写真を撮って、購入していないなら移動する」という方法で)でOKです。これは市場で最もカラフルな部分でもあり、実際に写真家の夢はカラフルな魚たちが写真製作の順序で並んでいることでしょう。それはすべてではありませんが、肌触りの良いフグはとてもぎこちなく見え、プラスチック製の桶に詰め込まれた巨大なココナッツカニの光景は敏感ではありません。ある時点で、私たちは美しく装飾された刺身の皿をカウンターの後ろに偶然に座って見つけました。ちょうど近くに見えて、それのいくつかがまだ動いていたのを見ました。


牧志市場の客は、市場の1階で魚を買ってから2階のレストランで2階に炊き上げて、そのほとんどは沖縄のステーキ - レフート、沖縄そばを格安価格で提供することができます。豚のトロッター(てびち)の趣味に興味がある人は、道頓堀(道頓堀)で見つけることができます。


おそらく2階のレストランの中には、牧志市場がどのように1970年代になっているかを知ることができます。喫煙エリアを構成する椅子のランダムなコレクションの中にベビーシートを置いています。それは魅力的です(喫煙場所はあまりありませんが)が、施設が差し迫った変化からそれ自身を魅了することはできないように見えます。





あなたは牧志市場に行ったことがありますか?それが動くのを見て悲しい?コメントの中で知りましょう。





牧志パブリックマーケット/牧志草津一番/第一牧志公定市場


住所:沖縄県那覇市松尾2-10-1(沖縄県、900-0014、日本)


営業時間:営業時間はベンダーによって異なりますが、一般的には8:00〜21:00です


休館月の第4日曜日(12月を除く)、旧正月、旧正月、飢えたゴーストフェスティバル、その他


Web: https : //kosetsu-ichiba.com/en/


地図:







沖縄でさらに読む...


大石キリンザン丹羽ナタルパーク、沖縄:精神的な序曲を必要としない自然なドラマ


夜のシュリジョ、沖縄の那覇市の夜景


沖縄のアイスクリーム:アイスクリームを使った沖縄の旅





私たちを参照してください...

TwitterFacebook :@citycostjapan

YouTube



牧志公開市場:イメージギャラリー


牧志市場で販売されている豚の顔(chiragaa)





ココナッツクラニの販売準備









沖縄の牧志市場での舞台裏



牧志市場2階のレストランでは、1階のお買い物をお楽しみいただけます

By City-Cost
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿