Loading...

Nov 21, 2017

お茶のあり方:静岡県森町の一生以上のこと

私は伝説の奥義神社の大通りに立っています。私の左には神話的な池があり、そこには赤い月の橋があり、その下にある静かな水の上にその存在を投げかけています。私の右側には、光が森の中で影を描く木々を突き抜けている様子を指摘してくれた礼儀正しい司祭がいます。これは私の肺に、神聖な空気で満たされるように深く吸い込んでいるところです。分裂を示す壮大な鳥居の向こうの空気とは異なります。神の空気は木の樹皮に新鮮な雨が降ってくるという独特の香りによって香りがついています。 ヤマチョ明茶緑茶の爽やかな味は、まだ私の舌に残っていて、私の味の芽を魅了します。私の感覚は高まる。私の魂は警戒している。緑茶は単なる生き方ではなく、森町とその人々の真髄の一部です。


彼らの静脈に緑茶


私は他の人が私よりもはるかに迅速に実現していると確信しています。日本には緑茶の重要性とその文化の複雑さがいつも分かりました。そして、静岡への緑茶ツアーの両方で、私たちが出会った人々は、「お茶は静岡の生活の方法です」と言いました。緑茶園で何時間も過ごしたことがある人なら誰でも気に入るはずですが、安住静岡の森町を訪れれば、それはこの町の人生の手段ではないということをはっきりと認識しています。アイルランドでは、ギネスが私たちの脈を通って走っているという人の冗談がありますが、森町の人々は緑茶をうまく運んでいるかもしれません。彼らは確かに彼らのDNAに緑茶を持っています。生涯の一日の旅行でそれを訪問した後、私の目は、彼らの日常生活だけでなく、どれだけ多くの緑茶が存在に結びついているかを知るために開かれました。


街の魂の中の緑茶



たとえば、神社に着いてください。その月の初めには、豊かな歴史を持つ伝統的な式典で、その地域から神々まで緑茶を提供しています。彼らが神々を提供する緑茶は地元の人々が飲む同じ緑茶で、特別な種類の紅茶しか用意していない他の神社とは区別されます。 奥の神社は、神々と庶民をこのシンプルなジェスチャーで統一し、街の緑茶の意義と人々の精神を定義しています。


感覚の緑茶


神社の敷地には、神社の土地にある材料で緑茶の茶碗や鉢などが飾られている陶器の工房である御所御三家御三家があります。作品は美しく、ユニークな構成です。緑茶の美しさは、これらの繊細な部分によってさらに強化されました。



神社の敷地に鳥居の入り口には上の写真Kotomachi有明Komichi、緑茶と緑茶風味の製品を行商路地に位置しています。沸騰した、焼かれた、焼かれた、揚げられた、そしてさらに純粋な緑茶の忘れられない泡は、誘惑を誘惑するために空気を満たします。この趣のあるテーマのある休息エリアでは、緑茶の喜びの多くを試すことができます。新しい森の茶茶店では、多種多様な緑茶を提供しています。この店では、緑茶の試飲に非常に恵まれました。私たちはまた、通常のキナコドレッシングよりもずっと楽しいと感じた抹茶ワラビ餅を試しました。このエリアの他のショップでは、緑茶のアイスクリーム、 ダンゴセムベイ 、パスタなどをお試しいただけます。



2017年11月15日の最初の停留所であるオサダンでは 、私たちがドアの中を歩いている間、私たちの感覚が覚めました。お茶のろうそくの上に点在する緑茶の葉の独特で爽やかな香りが私たちを激しく迎えました。 Osadaenは、高い評価を得ている賞を受賞している緑茶の小売業者とdistributerです。そこでは、彼らのお茶のおしゃぶりである大田夏美は、日本で経験豊かで有名なお茶のお店の一人である第8代DANテスターです。それだけでは不十分であるかのように、彼は日本のナショナルティーテイスティング大会賞を受賞したチャンピオンです。お茶の味と香りは、その本来のものです。



オサダンの納品者が抹茶の作り方を教えてくれました。彼女は、泡を発生させるために上に移動する前に、下の粉をかき混ぜるためにそれをMの形で泡立てる方法を説明しました。彼女は絵のように美味しい緑茶のカップを私たちに提示するために、「いいえ」のための日本のひらがなの形の細かい泡立て器で仕上げました。彼女はそれを見やすくしましたが、私のターンでは、私はちょうどその動きを正しくすることができませんでした。私たちのデモンストレータにとっては、それは固有のものでした。


おもてなしの緑茶



私がこれを書いているとき、私は寛大な記念品として、 遠州三本木から来た美しい一品カップから緑茶を飲んでいます。私は高品質で優れた味の茶を味わっています。市長の賛辞です。 ヤマチョ・メイチアの頭で寛大な才能を与えられた伝統的な日本の緑茶鉢で茶を作りました。彼の会社、歴史、もちろん商品やサービスに情熱を燃やしていたこの男は、小町夢見町のお茶屋の路地を熱心に見せてくれる貴重な時を捧げました。


同様に、 奥日神社の優雅な御霊は、それが七世であるにもかかわらず、私たちに時間を与えただけでなく、大歓迎と寛大さを示しました。神社内での特別な儀式に参加することは、文字通り祝福されました。さらに、彼らは、月の初めに神に提供された今月の緑茶の選択に耽溺しながら、彼らの広大な知識と神社とその地域の不可解な情熱の一部を与えました。



オサダンでは、 優秀な英語のスピーカーが挨拶をしましたが、彼らは会社の運営や緑茶の一般的なことについて辛抱強く、熱心に多くのことを漏らしました。私たちは楽しい緑茶だけでなく、有名な賞を受賞したヤマブキ・ナデシコ茶にも取り組んでいました。彼らは私たちにも、有機的な緑茶の葉の選択だけでなく、家に帰るいくつかを与えた。店では、私たちが思ったほど丁寧に準備したお茶の風味を引き出すために、いくつかの緑茶ビスケットを試しました。私たちは抹茶といくつかの(驚くほどおいしい)緑茶の味を持っていました。



我々はそれぞれの場所から他の贈り物を受け取りました。例えば、森町市長は柿で私たちを甘やかさせました。毎年、同じ柿が皇帝に送られます。彼はまた、地域の非常にユニークな製品、柿風味のワインを私たちに与えました。私たちは、新年が訪れる際に家族と分かち合うためにそれを維持しています。 奥の神社では、首席司祭が美しい箸と緑茶とカツオのフレークをくれました。私たちは森町の暖かく寛大な人々に本当に甘やかされました。



これは、静岡県茶協会の寛大な寛大さとおもてなしによって可能になりました。 静岡県の茶道で 、温かみと親切さを歓迎してくれました。彼らはツアーを企画し、私たちの周りを見せて、私たちがこの印象的な場所を訪れるよう手配します。彼らは私たちを昼食にも扱います。今回は非常に印象的で美味しい久米吉レストランで。彼らは緑茶の恩恵と魅力を分かち合うために献身的に真剣に取り組んでいます。同様に、 世界緑茶協会の通訳者は、私たちに暖かさと熱意を示し、茶のやり方の理解を深めてくれました。


その親切さと私たちが持っている信じられないほどの経験のおかげで、私たちが訪れる場所と私たちが世界で試した緑茶の製品を紹介することが私の目的となりました。しかし、最終的にはCity-Costです。これらの希少で永続的な経験に感謝しなければなりません。この機会を提供してくれたCity-Costに感謝します。そして、これらのツアーや静岡県茶協会のお招きに感謝していますが、私たちは皆親切と親切でお会いできます。この記事で共有されているすべてのインプレッション、レビュー、意見は完全に自分のものです。


単なる生き方としての緑茶


総じて、初めて静岡への緑茶ツアーを訪れたとき、私はその時に出会った緑茶提供者の愛と情熱に感銘を受けました。私は自分の熱意と献身の伝達のおかげで、自分の緑茶に対する感謝の深まりを書きました。この旅行では、私の感謝と理解はさらに深まり、私はその関係がどれほど複雑であるかを知ることができました。自分の国の文化の中で茶がどのように重要なのかを思い起こさせますが、静岡ではその関係はもっと深くなります。



この茶は、森町周辺の茶や他の茶製品に栽培、収穫、選択、製造、製造されます。町のほとんどの人は、何らかの形や形で緑茶につながっているか、少なくともその人と関係があります。この地域のお茶は地元で生産されたものです。彼らは食べたり、祈ったり、緑茶をほとんど本能的に愛しています。生計だけにとどまらず、 技術、科学、さらには芸術にもフィルタリングする文化の一部です。この牧歌的な町には、おもてなし、自然の美しさ、食べ物や飲み物、そして興味のあるポイントがたくさんあります。しかし、それはあなたに永続的な印象を与えてくれる町とその人々の実体的な本質です。忘れられないことに、私たちの様々なホストは、この最後の旅行で私たちにはるかに多くのことを明らかにし、森町静岡では、緑茶が単なる生き方ではないことを深く感謝しました。


この記事で言及されている場所のリンク


オサダン本店

公式英語ページ: http : //www.osadaen.co.jp/english_page.html

City-Cost English review: 最高の有機緑茶と専門家の指導のために


コトマチ

City-Cost English review: 伝統的な和菓子と緑茶を提供するお洒落なお店やキオスクの路地


おおき神社

公式サイト: http : //www.okunijinja.or.jp/

City-Cost English review: この高級で審美的な歓迎の神社で伝説の足跡を歩く


エンボウミモロヤキ

公式サイト: http : //mimoroyaki.com/index.php
City-Cost English review: 種類豊富な陶器店の1つで、種類豊富な製品を提供しています。


久米一

公式サイト: http : //kumekichi.co.jp/

City-Cost English review: この土地のレストランでDevil's Tongueの味を開発する




この掲示板は、静岡グリーンティーガイドの一部である特別な茶ブログのレポートであり、日本のブロガーのためのCity-Costを通して、投稿を作成する新しい「日本」の体験に取り組むチャンスです。

By Saitama
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿