Loading...

Feb 19, 2018

公共の温泉入りの恐怖

7年前の日本初の来日以来、私は公衆温泉に行くことを考えていました。今でも、私はそのステップを1つにする勇気を見つけることができないようです。私はスーパー・シャイで、私は自分の体が好きではなく、他の人と一緒に裸であるとは想像もできません。




2月初旬、北海道のすばらしい旅館に泊まりました。私は自分のウェブサイトをチェックしたところ、雪がどこにでも漂っている、特に今、とても美しく見える巨大な温泉エリアがあることがわかりました。そこに行く気がしましたが、公衆温泉への恐怖が戻ってきました。私はそれについて多くを考え、旅行のためにこれを私の挑戦にすることに決めました。


旅館に向かう途中で、私はもっと神経質になりました。そして、夕食時にはさらに悪くなりました。この後、私は温泉地を訪れるべきだと分かっていました。すでに、夕食の前に、私たちは日本のガイドで大きな温泉の部屋を訪ねるとすぐに、私たちにさまざまな分野のことを説明しました。彼らは女性と男性が一緒に水に浸る混合浴を持っています。それはおそらく私のためには不可欠な場所になるだろう。


しかし、別の問題がありました。私たちがそこに立っているとき、説明を聞いて、私たちはすでに洗濯室を調べることができました。私はそこに裸の女性を見ることができ、完全に不快に感じた。私はこのエリアに入るとは想像もできませんでしたが、この気持ちがどこから来ているのか分かりませんが、それが普通かどうかはわかりませんが、温泉エリアの裸の女性は見えません。また、彼らは私と私が誰にも見せたくない裸の身体を見ることになる。おそらく温泉マナーに何か悪いことをしているその太った外国人について、彼らはどう思いますか?


私はまだ夕食の後に行く計画を持っていましたが、私はこのことについてますます不確かになりました。


夕食後、私は友達と会って、浴衣の写真をいくつか作った。さまざまなサイズのカラフルな浴衣を豊富に用意しているこの旅館の別のポイント。確かに、フクロウプリントでかわいかった共通旅館の浴衣を取ることもできます。




私たちが小さな写真撮影を終えたとき、私たちはどちらも大温泉のエリアに行くにはとても緊張していました。私は部屋があった新しい建物の中にある小さな浴場に階下を見下ろすという考えに終わった。幸いにもそこに誰もいませんでした。私の友人は彼女の部屋に戻ってきました。私が一人一人いる限り、すぐに入りました。


少なくとも私は公衆温泉に行くという私の挑戦を完了したと言うことができました。しかし、誰もそこにいませんでした、そして、これが私がそれを行うことができる唯一の理由でした。私はいつも緊張していました。誰かが来ることが恐れていました。私はリラックスしようとしました。私の体は私の心ではありませんでした。私は、小さな温泉エリアには、私がほとんどの時間を隠していた、もう一つの小さなバスタブがあることが分かりました。もし誰かが入ったら、彼らはすぐに私を見ないだろうし、後で私はちょうど私のタオルをキャッチし、迅速にドレッシングルームに戻って歩くことができます。



私はいつまでも公衆温泉に入ることができるかどうか分からない。私は試して、気分が良くなかった。私の頭の中にNOを言っているものがあります。おそらく私はすぐに私設のオンザンズに固執するでしょう。


By YokoLostinJapan
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com