Loading...

Sep 28, 2017

沖縄のアイスクリーム:アイスクリームを使った沖縄の旅



沖縄のアイスクリームは意味をなさない。アメリカに代わって以来、町田房生は1869年に横浜で日本で最初のアイスクリーム店を開店しましたが、アメリカの影響力が強く、穏やかな気候で沖縄に向かうのは時間の問題でした。


最近の沖縄本宮周辺では、沖縄が提供するアイスクリームフレーバーのいくつかを、私たちが訪れた場所のいくつかの気分と合わせて試してみることにしました。どうして?さて、私たちはアイスクリームが好きです。もう一つの理由として、Instagramはアイスクリームを好むようですここでは、ここに「有名な場所を挿入」の前に別のアイスクリームコーンを持っています )。そして、時には、沖縄で地獄と同じくらい暑かったし、アイスクリームを舐めるのが最も適切だと思われたからです。


でも、沖縄はアイスクリームを本当によくします。私たちは到着前にこのことを知っていて、ただ行動に入りたいと思っていました。


沖縄ツアーでアイスクリームをお召し上がりになる前に、沖縄のアイスクリームシーンは青い氷が優勢です。実際には、 "支配"はこれを軽く置くことです。 1934年に宇都宮市にある宇都宮軍事基地に乳製品供給元のファーストス(株)が揺れ動いたことから、ブルーシールブランドは沖縄のアイスクリームと同義になっています。あなたが島のアイスクリームを食べているなら、それはブルーシールのものでしょう。これはそうですが、日本本土のように、アイスクリームを一連の狂気の味に包み込むというコンセプトを受け入れているので、ブルーシールの背後にいる人々には、米国/沖縄の屈曲だけがあります。




ブルーウェーブ - 国際通り - ブルーシール




那覇のホテルに落ち着いてからの最初の港は、国際的に有名な那覇の多彩なお土産の買い物センターです。おそらく、沖縄の海の見通しや東京の残酷な都会の灰色への反応だったかもしれませんが、何とか「ブルーウェーブ」が新鮮な気分に合っているようでした。


Blue WaveはBlue Sealの「Constant Seller Flavors」の一部です。私たちは当時それを実際には得ていませんでしたが、ラムソーダのアイスクリーム(ここでは "青"ビット)はパイナップルアイスクリームと混ぜています。私たちはこれを事実の後に研究してみました。沖縄では「海」と「パイナップル」のテーマが強い。このアイスクリームでは、それは支配する「海」です。それはラムネの軽いfizzが好きで、このアイスクリームコーンに入っていた甘いものの塊を高く評価したからだ。




沖縄のテイモチーズケーキ - ダイセーキリンザンバン国立公園 - ブルーシール




小規模の飲食店、ベンダー、カフェでも沖縄の観光スポットがあると判明した場合でも、Blue Sealが提供するアイスクリームにかなり安全な賭けをすることができます。これは、沖縄本島北端の聖書の石の景色にある公園であるダイセキリン山の場合です。


Daisekirinzanの石灰岩のカートは、約2億年もの間存在しています。ブルーシールの沖縄・タモ・チーズケーキのアイスクリームと一緒に行けばいいと思われました。タモ(taimo / tamu)は太古の家系に由来し、ネット上の言葉は、この魅力的でない地球の製品が長い間沖縄の定番品であったということを持っています。それにもかかわらず、おそらく2億年ではありませんが、長い時間です。 Ta-imoは微妙な味で知られており、Blue Sealの人々でさえそれはすぐには通らないと警告しています。それはそこにある。まあ、何かは、このアイスクリームはチーズケーキのように味があったので、私たちはそれを知っているので、ありません。




シクワサシャーベット - ガンガラの谷と洞窟のカフェ - スリーファイブコーヒー




ブルーシールからの休憩を取るが、選択肢ではないと言わざるを得ないが、沖縄本島南部のガンガラの南西部の奇妙な奇妙な渓谷のカフェは、アイスクリームも豊富にあるスリーファイブコーヒーのおかげで、 35アイスクリーム。


まず、 "スリーファイブコーヒー"。 「スリーファイブ」ビットは、実際には「サンゴ」を意味し、日本用語サンゴ/ 三郷 、から来ています。これは明らかに「さん」に細分されています- 3と「行く」 - 5。賢いもの! 3つの5つのコーヒーは私たちの賞賛に値すると思われます。ここには意識のある会社があります。それは理由がサンゴです - スリーファイブコーヒーのコーヒー1杯分の収入の3.5%がサンゴの再生プロジェクトに向かいます。同社は、必要な沖縄の水域に赤ちゃんのサンゴを移植するためにコーヒーファンドを利用している。このプロジェクトの結果は陽性であり、18ヶ月後に移植されたサンゴから生態系が発達しています。


興味深いことに、Three Five Coffeeの人々は熱い骨格のサンゴの上に豆を焙煎します。法律では、沖縄のサンゴが沖縄の「管轄」から撤去されること(死んでいるか生きていないこと)が禁止されているので、彼らの醸造所には独特の風味を吹き込んでいるとかなり正当に主張することができます。


ガンガラ谷のアイスクリームについては、2016年9月に「スリー・ファイブ・コーヒー」が小さな「洞窟カフェ」を開店しました。訪れた時には、Shikuwasa Sherbet、Muscovado Sugar&Vanilla、Salt Vanillaの3種類のメニューがありました&Shinsuko。


シクワサは、沖縄や台湾で栽培されている柑橘系の果物です。熟していないレモンのように見えます。このアイスクリームを食べる人はすべてのものが酸味が大好きなので、これを選ぶのは簡単なことではありません。それは洞窟の天井から垂れ下がっている巨大な雄牛の鍾乳石のいくつかを目撃することによって誘発された雌犬と一緒に行くために、私たちが望んでいたほどの効果を持っていませんでした。シェビーよりもクリーム色。そして鋭いより苦い。




塩味ミルク - イージーサービスエリア - ブルーシール




ブルーシールは本当にスクープアイスクリームです。彼らはしかし、いくつかの簡単なソフトのオプションを提供しています。私たちは高速道路のサービスステーションで急いでこの塩味のミルクを包みました。高速道路のピットとトイレの機能停止のための適切な種類の雰囲気のようだった。


より単純な味の人々は、おそらくこの「バニラ」と呼ぶでしょう。これは完全に正当化されているわけではありませんが、塩味のあるミルクについてもうちょっとしたことがあります。それでも、あなたがソフトサームに行くとき、それは本当にスムーズでクリーミーな、そしてこのケースでは塩辛いミルクが提供されます。また、ヒットする道もありましたので、微妙なフレーバーをミューズする時間はありませんでした。この状況では「シンプル」がベストです。




セサミナイト - アメリカンビレッジ - ブルーシール




沖縄旅行の後半でも、沖縄が閉鎖されていることはまだ分かっていません。谷町の西海岸のアメリカン・ビレッジ地区でさえも、私たちは、「アメリカン・ビレッジ」と呼んでいる場所は、両端にキャンドルを燃やして話すと思っていました。そうではなく、少なくとも平日に。そういう時には、深夜に向かって歩いて休憩を取る場所を見つけようと奮闘していました。私たちができることは、スタッフが閉める準備をしていたBlue Sealの支部でした。


私たちは「セサミナイト」に行くことにしました。私たちは名前が好きです - それは70年代のポルノのタイトルに添付された接尾辞のように聞こえます( セサミナイトではここに「ポルノスターの名前を挿入してください」 )。実際には、問題のアイスクリームには70年代の見た目が退色していますが、味の中では噛み応えの方法はほとんどありません。セサミナイトには、健康食品店から買うべきもののようなものに見える、それについての一種の素朴な雰囲気があります。個人的には、実際にアイスクリームを飲んでいるわけではありません。それでも、Blue Sealのホームページのフレーバーリストでは見つかりませんが、名前を指しています。




沖縄レモン - 国際通り、那覇 - フォンタナ・ジェラート




那覇の国際通りは、おそらく沖縄への旅行の最終目的地として設計されていたでしょう。通りはオムニージを買う大きな争いです。国際交流にはお土産屋がありますが、フォンタナ・ジェラートには国際交流が大切です。この小柄なジェラートショップは国際通りの真っ只中にあり、マイリトルポニーでは見えないような明るい色のディスプレイを置いています。


実際、このようなFontana Gelatoのショーでは、小さな店で大きな群衆とそれぞれのカメラレンズが魅力的です。


フォンタナを訪れた時に利用できる16種類以上のジェラートのうち、虹の牛乳がInstagramの魅力がもっとあるように見えるにもかかわらず、それは購入のために私たちを引っ張ったのは沖縄のレモンでした。たぶん「沖縄レモン」とは、前述の「しくわさ」を意味します。私たちは確信が持てません。いずれにしても、必要な柑橘類の蹴りを送ってくれました。そして、美しい黄色は、国際通りの配色にぴったりです。加えて、この場所のスタッフはとても素敵で、店にはあなたのgelatoを購入する方法のステップをカバーする魅力的な手作りの英国の看板がありました。それは本当に必要ではありませんでした。


沖縄のアイスクリームが興味深いのは、私たちの経験では、それが沖縄の誇りであることだけです。日本本土でアイスクリームの奇妙さや季節的なマーケティングが心配されているところでは、沖縄ではアイスクリームがより根底にあり、売上高の心配が少なく、少なくとも非常に沖縄が実際に何をしているのかを示しています。それとも、「ファンシーなバニラ」なのでしょうか?





あなたは沖縄に行ったことがありますか?沖縄のユニークなアイスクリームを試しましたか?あなたの好きな味は何でしたか?コメントでお知らせください。






沖縄についてもっと読む...


大石キリンザン丹羽ナタルパーク、沖縄:精神的な序曲を必要としない自然なドラマ


夜のシュリジョ、沖縄の那覇市の夜景




私たちを参照してください...

TwitterFacebook :@citycostjapan

YouTube

By City-Cost
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿