Loading...

Jan 10, 2018

新潟をお楽しみください!

日本は非常に高価な国であると考えられており、多くの人々は日本を旅行するためにたくさんの資金を蓄積する必要性を感じています。しかし、日本のいくつかの場所/アトラクションは無料で訪れることができます。私はあなたが新潟でこれらの場所を楽しむことを保証することができます、そして、最高の部分は彼らが完全に無料であるということです。


1.弥彦神社 - 弥彦神社は新潟で最も人気のある神社の一つです。弥彦山の麓の緑の中に美しい神社があります。それは非常に静かな場所であり、この場所と恋に落ちないように強く押されるようにとても平和です。神社に到着すると、ここでホストされているミニ動物園が最初に歓迎されます。動物園の訪問者は、ほとんどがキジ科の鳥類の品種を楽しむことができますが、温かく挨拶するゴージャスな鹿もいます。


神社は黄金の扉と屋根が美しい。また、秋には菊の祭が開催されます。実際、ヤヒコの秋は、巨大な楓の庭園があるので、とても特別です。ヤヒコから車で約20分のところで、新潟の美しい景色を見ることができるヤヒコの丘の頂上に行くことができます。また、晴れやかで晴れた日に佐渡島を見渡すことができます。ケーブルカーは丘の高さまであなたを持ち上げ、最高の景色を提供します。また、付属の望遠鏡にアクセスして絵のような景色を楽しむことができます。また、お土産屋さんには愛する人のための贈り物を購入することもできます。






Toki Messe- Tokyo Skytreeのようなタワーは、あなたに東京の街を提供するために多くの費用がかかります。しかし、新潟の土岐メッセは無料でアクセスでき、上からは新潟市を俯瞰することができます。新潟市の中心部に位置し、新潟のランドマークである日本の最長川である信濃川の河口にも恵まれています。トーキー・メッセと並んで、シナノ川は人工の都市デザインのタワーと建物に自然な香りを加えています。塔の31階の140mの高さにある塔の展望台には、高速エレベーターでアクセスできます。展望台からは新潟市を一望することができます。 4つの方向すべてに面したガラス窓は、下の街を包括的に見ることができます。


2.ふるさと村 - 古代日本を知りたいですか?新潟のふるさと村(ふるさと村)は、これを行うのに最適な場所です。無料入場、中心地、信濃川のほとりにある新潟のふるさと村は、新潟県で最も人気のある観光地のひとつです。私は日本の歴史や文化に興味があるので、私の好きな場所の一つです。


「村」の主な特徴は「バザールホール」と「アピールホール」です。前者は地元の製品や食材を集め、後者は新潟の歴史や文化などの観光地を紹介しています。施設全体では、農業機械、道具、古い家屋(そしてそのキッチン)の展示を通じて、日本人の生活様式を知ることができます。ふるさと村はまた、無料のドキュメンタリーをスクリーニングします。


本館の外にある庭には、訪れる季節に応じた美しい季節の花のコレクションがあります。それは、チューリップまたはユリの花の中の写真撮影のための魅力的な場所です。


3.福島潟ラグーン - 新潟ではもっと自由な場所があります。ふくしまがたラグーンは、独特の円形の日の出塔と豊かな自然の恵みの両方の魅力的な場所です。


この魅力には独特の旧式の日本の家があり、日本文化のアイデアがあります。運が良ければ、ここで開催される無料の日本文化イベントに参加できます。


福島潟にあるタワーは、日の出を楽しむのに適しています。そしてその見方は素晴らしいものです。早くここに来てください!


美しいマスタードフィールドは、春(4月と5月)の福島ヶ丘ラグーンの写真を完成させます。現時点ではバードウォッチングが人気があり、約220種の鳥が集まっています。しかし、冬は、シクリアから到着する多くの渡り鳥がロシアの冬の寒い寒さから身を守るため、福島屋では特に重要です。これらの渡り鳥は、多くのプロとアマチュア写真家の魅力となっています。



By Babina
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com