Loading...

Dec 4, 2017

日本の最高の紅茶18本を試飲

日本は茶の国として知られています。さまざまな種類の茶葉や茶を生産しています。さまざまな嗜好や香りがあります。しかし日本の最高の紅茶は何ですか?




2014年に初めて日本一の紅茶を見つけ出した日本茶賞(日本茶賞) 、または日本茶賞を授与した良い質問です。今年はすでに4回目となり、専門家の審査員お茶の専門家は、日本全国の405種類のお茶の中からいくつかの段階で最高の18種類のお茶を選びました。


今度は、2017年12月1日から3日にかけて渋谷ヒカリエ8裁判所で行われた東京ティーパーティーでファイナリスト茶を公開しました。事前に申請して、すべての紅茶を味わってもらえる約500人の裁判官それらを評価する。 2日間の最終判断の後、最も高い点を持つ紅茶が授与されました。都市コストのおかげで、私たちはこれに参加することができました。


ティーテイスティングイベント


12月1日の14時15分に試飲期間に参加しました。実際には、両日とも7つのタイムスロットがあります。異なるグループに分かれて、私たちは木製のテーブルに6人の他のテスターと一緒に座った。イベントのために、私たちは後で家に帰ることができる小さな磁器のティーカップを手に入れました。イベントからの素晴らしいお土産。




試飲は非常に迅速に行った。私たちは1分ほどで、1つの茶を特定の形で味付けし、味付けし、評価しました。毎回の試飲の後、NPO日本協会インストラクター協会からライセンスを受けた素敵な女性たちによって、新しい紅茶が私たちのカップの中に注がれました。私たちが最初にいくつかの着色されたシールを持っている人に属するカップが混乱しないように、私たちはカップに印を付けることができました。各お茶の試飲の間に、あなたは提供された水であなたの口とカップをすすぐことができます。小さな砂糖のキャンディーも用意されていて、京都から来て、ほとんど苦いお茶の中であなたに甘い味を与えてくれました。


私にとっては、緑茶のいくつかのバージョンを含むすべての茶の種類、紅茶の大きな種類を持っていたすべての紅茶を判断することは少し難しいでした。彼らはすべて自分のにおいがあり、彼らのほとんどの味はハーブと豊かな音符を使っていました。しかし、それらのうちのいくつかは私にとって特別であり、最後に私は5つのお気に入りを選択して自分の個人番号を選択しました。


試飲後、私たちは3つのグループに分類されたお茶が提示されたイベントエリアを見渡すことができました。さまざまな葉を見て、その起源についての情報を得て、それらを購入することができました。 18人のファイナリスト茶にも自分のエリアがありました。




賞の結果


優勝茶は、12月3日(日)に開催されたプレミアムティーパーティーで発表されました。そして勝者は...ドラムロールです - 少し伝えるのは難しいです。実際には1本の紅茶だけでなく、6種類の賞がすべての種類の難しい日本の名前と共に与えられています。


「日本茶大賞/農林水産大臣賞」は、 長年にわたる賞を受賞しており、長崎からのものです。岡田商会(有限会社岡田商会)が製造している煎茶茶である別山やまぎりです。


第2位は「日本茶準大賞/農林水産省生産局長賞」で、「日本茶優大賞/農林水産省生産監督賞」と呼ばれ、静岡県の宝家に行きました。半発酵のほうじ茶は、丸高農園が生産したもので、この茶色のお茶が本当に好きだったことを覚えています。


これらはおそらく最も重要な賞です。その他の4つの賞は、京都から、もう一度静岡に、宮崎県に2回、紅茶に贈られました。受賞者の隣には、18人のファイナリストすべての茶の数と名前も掲載されました。 Nihoncha Award Facebookサイトのすべての情報を含むリスト(日本語)を見つけることができます。


東京茶会2017に参加したことは素晴らしい経験でした。私たちが参加できることに感謝しています。ありがとうございました!


この掲示板は、静岡グリーンティーガイドの一部である特別な茶ブログのレポートであり、日本のブロガーのためのCity-Costを通して、投稿を作成する新しい「日本」の経験に従事するチャンスです。

By YokoLostinJapan
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com