Loading...

Sep 27, 2017

銀座コージーコーナー、日本のクリスマスケーキラインナップ、2017を発表



日本のお菓子銀座コージーコーナーは、今日の銀座のカフェで、2017年のクリスマスケーキのラインナップを発表しました。


フォトジェニックと一緒に様々な状況に焦点を当て、今年のクリスマスケーキのテーマは "クリスマスマーケットで居心地の良いコーナー"として明らかにされました。これは日本で、お菓子のお祭りのケーキの収集は、私たちが家に慣れ親しんでいた死んで重量のある乾燥フルーツのケーキからはるかに離れています。もちろん、日本のクリスマスの伝統的なストロベリーショートケーキは、ストロベリークリーム、ホワイトチョコレートムース、ライトの素晴らしい組み合わせであるハッピーメリーゴーランド(ハッピーメリーゴーランド) 、ふわふわのショートケーキ(それを試食しました)は、メリーゴーランドのクリスマスマーケットに触発されたデザインに盛り上がりました。


伝統的な人たちは、聖なるコージーケーキのラインナップに合ったユールのログ(ブッシュドノエル)と、目に見える成人(クリスマスチョコレート/モンブラン)のためのより洗練された提供物、そして最もよく記述できるケーキ「くまさんのチョコレートケーキ」や「コージーゆきだるま」など、「キュート」のチョコレートケーキなど、個人的には、「クリスマスフリュイ」(クリスマスフリュイ)は、伝統的なお祝いの重さに相応しいチーズムースとラズベリージャムの5つの果物(マンゴー、オレンジ、グレープフルーツを含む)のより爽やかなコンビネーションです。


コージーコーナーのクリスマスケーキの画像をご覧ください。ケーキは来月から日本のお祭りに間に合います。



(ハッピーメリーゴーラウンド/ハッピーメリーゴーランド)




(コージー・スノーマン/コーディーゆきだるま)




(ベアーズチョコレートケーキ "/くまさんのチョコレートケーキ)



(ユールログ/ブッシュドノエル)




(モンブラン - 熊本栗入り)







(日本のクリスマスはストロベリーショートケーキなしでは完成できません)





(ビュッフェスタイルのケーキコレクション)


銀座コージーコーナーの人々は、クリスマスケーキを発表して「デコイチ」と呼んでいるものを紹介しました。日本は切り捨てが大好きで、「デコイチ」は切り詰めた形の「装飾一丁」や、より自然な英語の「装飾イチゴ」です。ここでは、私たちの菓子会社は、貿易の道具を使ってイチゴを盛り上げて、それを私たちのケーキに補助装飾として加えることを奨励されています。今では、 "クリスマス"と "イチゴ"は、お祝いの季節にふさわしいデュエットではないかもしれませんが、日本ではコンボがリグーリアです。


私たちは、この不気味なブロガーがはるかに安定した手で専門家によって「デコイチ」のデモンストレーションを受けました。しかし、私はとにかく、私のスクープとピンチャーを使って非常に混在した結果を得ました。それでも、それは良い笑いです。コージーコーナーの人々は、今年のクリスマスパーティーでどんな効果があっても「デコichi」の芸術を雇用できることを願っています。



(「デコイチ」専門家から)






(非常にアマチュアからの "Deco ichi")






"デコイチ"に行くのが好きですか?クリスマスケーキはどこで日本に行きますか?コメントでお知らせください。







私たちを参照してください...

Twitter: @ City_Cost_Japan

Facebook: @citycostjapan

YouTube

By City-Cost
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com