Loading...

Dec 21, 2017

Kanrantei Tea House:松島の最も美しい紅茶スポット


松島を歩く海岸沿いには、人形を塗ったり、手作りの豪華なものを買うことができる木造店から、神田堂、ビーチ、さらには数本の赤い砂浜に至るまで、沢山の小さな冒険が待っています本土と無人島を結ぶ橋。あなたがそれを探していない場合見逃しやすい1つの場所は、金網屋のフェリードックとレストハウスの隣の忙しい国道45号線のちょうど向かいのKanrantei Tea Houseです。店の周りの敷地は豪華ですが、内部から見える美しさにはろうそくをつけません。

エントランスだけで200円〜700円の食べ物と飲み物の価格で、入口は玄関から茶室までの短い砂利道を渡ってブースで、路上のエントランスからちょうど階段まで。そこには、提供されたコースとそれぞれの価格を詳述した鮮明な写真のメニューがあります。

また、本館の正面には、日本語のほか、英語での茶茶堂の歴史も掲載されています。建物はもともと京都で建設されたもので、仙台の創業時代の武士の息子の息子の指揮でこの場所に移動しただけです。それ以来、素晴らしい松島湾を見ながら紅茶を楽しんだり、時には月見台を歴史的に催したりするのも素晴らしい場所として知られています。

伝統的な茶室であるため、顧客は2つの座っている部屋の1つに座って、未定の注文を準備するのを待つ前に、靴をドアから外しなければなりません。出入口の近くの棚には、使用済みのサービスウェア用のビンもいくつかありますので、お客様は自分のシューズを戻す前に自分のカップとプレートを返すことができます。

この場所は観光客のお気に入りで、最初の茶室からの眺めはあなたに理由を示します。ここから、観客の前に松島湾が広がっていて、新鮮な抹茶の温かみのある温かいカップを楽しむ最も美しい雰囲気を提供します。

私は時々、日本のお菓子に対する多くの熱心な気持ちにもかかわらず、レディセットを選びました。私はそれを愛していました。私の友人のオーシルコの注文は、餅つきの赤い豆のスープも同じように楽しいものでした。

私たちは平日の午後早朝に到着することができて幸運でした。数分間私たちにプライベートダイニング体験を与えました。おいしい緑茶を楽しんで波を見た経験は、畳の上では難しいです。



この掲示板は、静岡グリーンティーガイドの一部である特別な茶ブログのレポートであり、日本のブロガーのためのCity-Costを通して、投稿を作成する新しい「日本」の経験に従事するチャンスです。

By JTsuzuki
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿