Loading...

Nov 17, 2017

外国人がお茶を飲む

あなたは「水は汗、涙、または海の何かの治療薬です」という言葉に沿って進む前に、ある言葉を聞いたことがあります激しい運動をしたり、泣いたり、泳ぎに行ったりするのは、バランスと透明感をもたらす活動を中心に、落ち着きがちです。多くの人が、あなたが茶の準備と飲み会をそのリストに加えることができると言っています。完璧なカップを醸造する芸術、あなたがそれを飲むときにあなたを洗う平和、そして飲み物の上に栽培される友情は、すべて魂のために良いものです。


静岡県は日本最大の茶栽培地域で、国内でも最高の品種を揃えています。この地域からの茶は、国内だけでなく世界レベルで定期的に受賞しています。最近の日帰り旅行では、静岡県茶会議院で「シティ・コスト」と「偉大なチーム」のすべてのものを体験できるほど幸運でした。それは私に多くの異なった方法で日本の最愛の飲み物を見せさせました - それで、それ以上の騒ぎがなければ、茶の道についての私の観察のいくつかがここにあります。


科学としての紅茶

私たちが一番最初にやって来た本店の本店では 、2種類のお茶を試飲できました。そのうちの一つは、地元の緑茶葉から作られたブレンドの「 山武七星子」です。これは、通常の紅茶の製造と同様のプロセスを使用して作成されましたが、彼らはまた、酒の発酵および微生物の発酵技術を取り入れました。

 それは黒い茶に似た小さなカップの中のヤマブキ・ナデシコです。 

ヤマブキ・ナデシコの創業時には、茶の健康上の利点の一部について研究が行われました。成人の糖尿病の抑制から体重減少の補助、コレステロール値の低下に至るまで、あらゆることが示されています。最近では健康に良い飲食物を探し求めている人が多く、ウェルネスのために発酵したものの周りには大きな話題があります。山武なでしこが店で最も人気のある商品の1つであることは間違いありません。


 トップセラー、賞の受賞者 - 健康上のメリットは素晴らしいボーナスです! 
アートフォームとしてのお茶

オサダン本店で学んだように、緑茶の準備にはある種の技術があります。私たちはマッチの完璧なカップを作る方法を示しました。目標は上に細かい泡を得ることです。シンプルに聞こえるかもしれませんが、確かにそのテクニックがあります。


 それを泡立てて...それを泡立ててください。 

それは芸術を持っている茶を作るだけではなく、それを提供することです。私はいつも日本の小さなものの細部のレベルに感銘を受けています。そしてあなたの抹茶が提供されるお茶のカップは、しばしば華やかに華やかになり、かわいらしく魅力的です。


 食器類や美的に喜ばれるプレゼンテーションの選択肢は、それ自体が芸術形式です。 

陶器工場である静岡でも、私たちは閻魔御守り御徒様への訪問もできました。ここの陶器の特徴は、近隣のおぬき神社の敷地にある材料で具体的に描かれていることです。彼らは花瓶から宝飾品、お米、皿まで、あらゆる種類の美品を販売しています。静岡県を訪れていて、物語のあるユニークなお土産の後にいるなら、ここで止めることは必須です。敷地内の美しさはすべてあなたのものを手に入れたいと思っています。手作りのカップでローカルで購入した抹茶の一部を手に入れてみてください。


 ユニークな手作りの陶器、歴史と伝えるための物語。 
職業としての茶

静岡の様々なお茶関連スポットを訪れたときに最も目立つものの1つは、ここで茶が単なる商品以外のものであるということです。それは多くの人にとって、召しと生活の方法です。 ヤマチョめっちゃんのお店を訪ねたとき、雪国の中心である新潟県新潟からお茶を召し上がってくれた女性が歓迎しました。彼女は静岡に何がもたらされたのだろうと思っていたかもしれません。彼女は彼女がキャリアとしてそれを追求し、自宅から数百キロも移動することが彼女の愛と情熱であると説明しました。静岡の多くの茶の養殖業者は、世代を超えて家庭内で事業を行っています。例えば、ヤマチョ・メイチャは1868年以来茶道にいました。彼らは、彼らが作成した製品を非常に誇りに思っています。彼らは沢山の賞を受賞した紅茶を地域からやってきて、あらゆる権利があります。

 自宅から数百キロを移動して、あなたのお茶に対する情熱を追求してください。それは献身です。 
食べ物としての紅茶

お茶は飲み物としてだけではなく、静岡県に食べ物に取り込まれた抹茶を体験できる場所がたくさんあります。オサダン本店では、抹茶と一緒に抹茶を味わったお菓子をお楽しみいただけました。暖かい季節には、おいしい抹茶氷のお店が有名です夏期帰国のために。山荘明茶茶店での次の停留所は、米よりもむしろ枝肉から作られたワラビ餅を試すことができました。ワラビ餅は、通常、焙煎された大豆粉と黒味(ブラウンシュガーシロップ)を添えて提供されますが、この場合、蕨ではワラビ餅がコーティングされます。それは楽しい対照のために作られた、そして我々はすべてそれが非常においしいと思った!ヤマチョ明茶店がある奥の神社のマーケットエリアの周りには、おいしい食べ物を売っている他の店が集まっています。それらの多くは、あなたがゲームしている場合緑茶のパスタを含む緑茶も注入されています!


 ワラビ餅、抹茶で作られたゼリーのようなデザート - 抹茶で覆われています。おいしい! 
伝統を守る方法としての紅茶

日本で最初に記録された紅茶の例は9世紀にさかのぼると言われています。そのため、日の出の地と葉のような飲み物との関係は強いと言えるでしょう。それを維持するためには、関係を育てる必要があります。静岡県は、それを支える力ですべてを確かにしています。場所からは、お茶自体、儀式に出席する茶堂、地元のお茶を提供する神社、そしてその地域の特典を誇る小売店などがあります。周りの都道府県への旅行を計画することができます異なったものが大好きなドリンクを飲みます。何千年も前の紅茶のお茶にもかかわらず、静岡の伝統に根ざしながら、新鮮で興味深いものをここに残しています。

 日本のお茶の伝統には美味しいものがあります。 



この掲示板は、静岡グリーンティーガイドの一部である特別な茶ブログのレポートであり、日本のブロガーのためのCity-Costを通して、投稿を作成する新しい「日本」の経験に従事するチャンスです。

By genkidesu
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com