Loading...

May 2, 2018

リラックマ&京急線の記念日イベント

私はかわいいクマリラックマと彼の素敵な家族の巨大なファンです。今年は15周年を迎え、日本では多くのイベントが行われます。通常、私はこのようなイベントのために東京に行かなければなりませんが、最近は神奈川県で主に開催されていたイベント(東京ではちょっとしたイベント)に参加することができました。リラックマは記念日を祝っているばかりでなく、京急の列車は120周年を迎える。一緒に祝う良い機会です。


3月5日から5月13日まで、 リラックマと京急線の間で、一緒にごゆるりお祝い(ゆったりと一緒にお祝いする)という協力イベントを祝う場所がいくつかあります 。このarcticleでは、私はそれらのいくつかを紹介したいと思います。




リラックマをテーマにした列車と駅


ハイライトの1つは、イベント用に設計された3つの列車です。 リラックマ(青い列車)コリラクマ( 赤い列車)キイロトリー(黄色い列車)などのキャラクターごとに1つ。毎日京急線で運営されており、とても可愛いです。


さらに、リラックマテーマに合わせて3つのステーションが改名され、それに応じて装飾されました。これらは、(リラッ久里浜)RilakkurihamaなったKamigaooookaなった上大岡 (上がお大岡)、 大鳥居 Ookiiroitoriiになりました(大キイロイ鳥居)久里浜あります装飾の写真を撮るのは本当に面白かったし、すべての駅で特別な写真スポットを持っていることさえある。


一部のバス停や京急バスでも、リラックマのデザインは限られています。




スタンプラリー


スタンプ集会は、イベントの初めから4月15日まで行われていました。早い終わりには理由の1つがあります:イベントの最終日にリラックマをテーマにした特別な列車の旅に勝つことができます。このためには、先ほどお話したリラックマの駅に1枚ずつ、横浜駅と羽田空港に2枚の切手をそれぞれ5枚集める必要がありました。そのためには、京急線1日券、フライヤー、郵便切手、ユニークなクリアファイルなどを1,500円で購入できます。


すべてのスタンプスポットへの旅には時間がかかりますが、通常は行っていない場所で止めることができたので、それも素敵でした。さらに、多くのリラックマスポットがあなたが見えるところにありました。そして運が良ければ、最後に賞金を得ることができます。




リラックマカフェ


カミオカ駅にはリラックマ×ケーキラインカフェがオープンしました。彼らはすべてが本当にかわいく見えるいくつかの特別な料理があり、それらの間で選択するのは難しいです。カフェの中の装飾は、電車のテーマに沿ってかなりいいです。私たちは日曜日に行きました、そして、それはかなり混んでいました。入り口では、あなたのエントリーのタイムチケットを得ることができます。私たちがそこにいたとき、待ち時間は約1〜2時間でしたが、あなたが運が良ければ、すぐに入ることもできます。


私たちが試したすべての食べ物と飲み物はとても美味しかったですが、少し高価でした。




リラックマ駅そば&スイーツカレンダー


しかしそれは食べ物に関するものではありません。京急線(品川、北栗原、金金町)の3駅でリラックマテーマの特別なそばメニューで、各駅で異なるバージョンができました。 580円の価格であれば大丈夫です。小さなお蕎麦屋で食べる機会があります。


さらに、横浜やカミオカのSweets Calenderショップとのコラボレーションもあります。リラックマのデザインには様々な種類のお菓子があります。これには、ドーナツ、ロールケーキ、マカロン、クッキー、チーズケーキなどが含まれます。彼らはすべて非常に高価ですが、私はいくつかを試してみて、彼らはすべてincredibalyおいしいです。




特別商品


確かに、このようなイベントのためにたくさんの商品がリリースされました。かわいい、豪華なおもちゃやキーチェーンだけでなく、ペン、ノート、クリアファイルなどを見つけることもできます。彼らはかわいいバスマットを持っています。物品は場所によって部分的に異なり、場合によっては場所に限定される場合もあります。また、一部の駅では特別な列車/バスチケット、フードメニュー、ぬいぐるみが用意されています。




もっと


それはまだすべてではありません。 Rilakkuma x Keikyu Lineをテーマにしたクルーズ船があり、素晴らしいアイデアです。駅のマスターリラックマに会い、彼と一緒に写真を撮るというイベントもいくつかありました。 公式サイトのすべての情報を検索してください。



私は本当にイベントを楽しんで、それは素晴らしいコラボレーションだと思う。リラックマに興味のある5月13日まで余裕があれば、駅やカフェを見に行ってみませんか?




By YokoLostinJapan
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com