Loading...

Oct 15, 2017

神楽坂バケネコ2017、東京で猫を飼う



寒さと雨の急激な変化は、今日の東京の神楽坂地区で行われたバケネコのパレードのために誕生した、猫と服を着た人々の精神的なグループを阻止しなかった。


神楽坂化け猫祭りとして( 神楽坂化け猫フェスティバル)のウェブサイトは誇らしげに、このイベントは嵐が、それはキャンセルはありがたいことに、それはそれを来ていない見ているだろうが、「雨や輝き」を来る起きるつもりだった読み込みます。そうだった。昔ながらのエンターテインメント地区の魅力的な通りやフランスのexpatの拠点である神楽坂は灰色で濡れていたかもしれませんが、小さなパレードに参加した猫の精神を揺るがすことはありませんでした。猫の嫌悪感を濡らす。


バカネコは、日本の小説家ナツメ・ソセキが執筆した、愛されている小説「私は猫です」のために、神楽坂が「私は猫です」との明白なインスピレーションを呼んでいる主催者とともに、「猫」のすべてを祝っています。漱石の小説は、猫の目に見えるように、明治時代の上中階級の愚かなことについて、噛んだり漫画的な観察をする。出版から110年以上経っていますが、今日のように見えますが、あまり変わっていません。神楽坂は仲良く上層階級のままであり、猫として身に着けている情緒的な大人の光景は、その小説の語り手が自分の爪を沈めるのが大好きだっただろう。確かに、このような行動は、特に今日の天気を考えると、いくつかの四半期では愚かなものとみなされます。






バケネコのイベントは魅力的ですが、カジュラザカの波打つ通り、パン屋、ヌード・カフェ、ブリック・ブラス・ストア、ポーズ・バーでは魅力的です。 Bakeneko 2017は、人間のパレードを見ました。猫、傘、カメラのレンズは、早稲田通りの真ん中からブラスバンドに導かれていました。ちょうど3つのグループに分けられ、パレードは大久保道を横断して(光が変わるのを待って休憩して)、早稲田に向かい、神田川に向かって下り道の直前にUターンして、寺。


その日のお祭りは、元気いっぱいの猫フェスティバル・ダンスの近くで行われ、その名前はもっと魅力的です。あのゃどり/鬼屋通りは、猫をテーマにした一連の歌や踊りで祭りを見ていたが、この観察者には猫のスクラップのように見えた。それらの人間がする奇妙なこと、え?








バケネコは、2010年に開催された初のフェスティバルである猫のインスピレーションよりもはるかに若いです。パレードの背後にある本当のインスピレーションは、最近のハロウィーンの間に贅沢でセクシーな衣装を着て、部分は「変更された」または「変形された」というよりむしろあまりにも不快なものを指す)。実際、多くの人にとって、バケネッコ・フェスティバルは、首都ではるかに大人で荒れ狂ったハロウィンの週末になる家族にとってフレンドリーな先駆者です。ハロウィンの間に漱石の猫ネーラーが渋谷や六本木を作ったのはまったく分かりません。確かに、「愚か」も「魅力的」も適合しないようです。 Bakenekoに関しては、この冷酷な観察者は「魅力的」で行くだろう(私は寒さと雨の中で人間が結局猫としてドレスアップするのを目の当たりにしていた)。



バケネコフェスティバル2017の画像


















私たちを参照してください...

Twitter: @ City_Cost_Japan

Facebook: @citycostjapan

YouTube


By City-Cost
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿