Loading...

Apr 13, 2018

日本で最も美しい松林の一つ、春の高山祭

毎年4月14日と15日に岐阜県で同名の都市で開催された日本で最も有名な伝統的な祭りのひとつである春の高山祭りのガイドです。春の高山フェスティバルは、高山祭りの2つのパートのうちの1つであり、もう1つは秋(八幡祭)です。このガイドでは、春の高山フェスティバル2018のために、いつ、いつ、いつ、いつ、どこで、春祭りに集中していますか?




日本人は「ベスト3」のリストにグループ分けされていますが、他のどのような光線でも最高のものを交換することができます。高山祭り(高山祭り)の主催者は、「日本で最も美しい3つの祭り」の1つであると主張しています。それは確かに小さな町である高山での場所です高山/飛騨高山)は、岐阜県の飛騨地方の山間部に17世紀の大気が広がっています。


実際には、「大気」という言葉を何らかの注意を払って使用するべきでしょう。このような都市への観光客の流入はますます急増しています。古い雰囲気は、カメラツアー団体やスマートフォンを利用したミレニアム・バックパッカーによって多少なりとも揺さぶられています。


それでも、高山フェスティバルでは、これは日本の偉大な伝統文化の1つであり、国内外の数十万人のフェスティバル参加者が参加してパーティーに参加することができます。


高山フェスティバルは、実際には春(4月14日〜15日)と秋(10月9日〜10日)の2期間にわたって開催されます。


春の高山祭り(春の高山祭)


市の南半分にある高山の姫神社(飛騨山陰恵神宮)の春の高山フェスティバル(三ノ祭り)の祭典は、16世紀後半から17世紀初頭にかけて謙虚に始まったと思われるもの高山の木材の中心地として名を馳せて村の集まりが成長しました。その地域に派遣された商人、工業家、起業家、クリエイターの乗組員は、今日の贅沢な事に発展させるために、お祭りの浮き屋「yatai」にお金とスキルを投資しました。


これらの屋台は祭りの中心です。 23席のうち、南半分には、春の高山フェスティバルのために特別に設計された倉庫から12個が持ち出されています。 「祭りの集まり」では、お祭りの際の神輿の休憩所の一種である「おたびしょ」の近くに四つの浮き屋があります。残りのフロートは通り沿いにあります。春の高山フェスティバルは、年に2回のイベント(秋の高山フェスティバル)の一つとして、伝統的な職人技の偉大な展示品を近くに立ち上げることができます。日本政府。


伝統的な日本は、夕方に最も魅惑的で美しい姿に現れることがよくあります。春山高山祭も例外ではありません。 4月14日に開催された「夜の祭り」では、12人全員が灯籠で飾られ、夜中に溜め込まれる前に、賑やかな日本の魔法の展示で、祭りの集まりの前で優しくパレードされます。



(高山の山王祭では屋台)


Karakuri公演では、ホストマリネットの3つのフロートを見ることができます。マリオネットは、上からワイヤや紐で操作される人形です。どうやら、日本の物語を語るように、マリオネットの複雑な動きを引き起こすために、9人の人形(それらの間に3人の人形をコントロールしている)、または目の届かないところに浮かぶマリネットの人物がいるようです。



(マリオネットパフォーマンス、高山祭)


地元の神の放送がなければ、伝統的な日本の祭典は完成できませんでした。この場合、三ノサマ(テレビの男?!)。 「古墳行列」は、春の高山フェスティバルが、 神聖なものを集めて街を回って浄化し、ビジネスに良い機会をもたらす、神輿の死んだ重荷で働くことです。高山フェスティバルでは、神輿を奏でる時に、付随するミュージシャンやライオンのダンスを期待しています。


彦根は14日に姫神社を出発し、15日に帰ります。


高山祭り(春や秋)に行けない人は、東の東にある桜山八幡宮近くの高山祭り浮遊展示場(高山祭会館)に、高山駅からの宮川。


カラクリの人形と予定された公演は、毎年カラクリ美術館で見ることができます。博物館は高山フェスティバルフロート展示ホールのすぐ南にあります。


Web: http : //www.takayamakarakuri.jp/


フェスティバルの間に天気が悪い場合は、屋外で行われるすべての公演がキャンセルされることを期待してください。これは、屋台の屋外の表示が含まれます。代わりに、彼らは特別な倉庫に戻って来て、訪問者が見えるようにドアが開かれます。



高山祭りノート


白川郷や五箇山の見事な合掌造りの村や市街の歴史的な魅力に触れることで、高山は一年中人気を博しています。数千人のフェスティバル参加者を追加し、予約されたホテルやその他の宿泊施設のレシピを手に入れました。実際、高山フェスティバルに参加するには、早めに宿泊施設を予約することはできないと言うのはおそらく安全でしょう。


海外の旅行者や外国人のほとんどは、公共交通機関を利用した祭りのために高山に来る可能性が高い。フェスティバルでは、高山の定期的な駐車場と一緒に車を運転する人たちのために、市は他の一時的な駐車場を利用して緊張を取り除きます。


東京からの高山フェスティバルへの詳しい情報は:


東京から高山へ:ゴーカヤマの白川郷に着くためのコスト



春の高山フェスティバル(山王祭)2018


春の高山フェスティバルは、その日が何日になるのかにかかわらず、毎年4月14日と15日に開催されます。 2018年の14日と14日は土曜日と日曜日になります。



屋台ディスプレイ

いつ 2018年4月14〜15日
時間 9:30〜16:00


ナイトフェスティバル

いつ 2018年4月14日
時間 18:30〜21:00
開始高山市アーカイブ博物館外
フィンランド語中橋橋
地図 ナイトフェスティバルマップ


唐楽公演


2018年には、三人で歌舞伎の公演が行われます。 - 龍仁田、釈明台、サンバソ


4月14日11:00〜14:30

4月15日:10:00〜14:00


パフォーマンスは約50分続き、オタビショの前で行われます。


古墳行列

いつ 2018年4月14〜15日
時間(14日) 13:00(姫神社) - 16:10(大師橋)
時間(15日) 12:30(お宝) - 15:40(ひえ神社)
地図 古墳行列


姫神社は、春の高山フェスティバルの真の始まりと終わりを告げていますが、実際は手続きの地理的な中心を形成するのは、大手小説です。 2018年のお茶橋は、宮ガナナ橋(または中橋橋)の西口にあります。


大手本マップ:




春の高山フェスティバルに出演した12才


1)神楽台神楽台

2)サンバソ三番叟

3)キリンタイ麒麟台

4)石綿台石橋台

5)五台山五台山

6)ホオタイ鳳凰台

7)恵比寿台恵比須台

8)Ryujintai龍神台

9)コンコンタイ釣合い台

10)金華台琴高台

11)大国台大国台

12)セリユタイ青龍台


日本語が上手くいくならば、 ここの山野祭りの高山市のページで少しずつ歴史を読むことができます





春の高山フェスティバルに行ったことがありますか?そこに2018年に向かいますか?コメントでお知らせください。





私たちを参照してください...

TwitterFacebook :@citycostjapan

Instagram :@city_cost_japan





画像:

(トップ): Paul Robinson Flickr License

(高山の山王祭の屋台): ポール・ロビンソン・フリッカー・ライセンス

(マリオネットのパフォーマンス): Robert Young Flickr License

By City-Cost
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com