Loading...

Nov 24, 2017

静岡緑茶ギフトのアイデア

贈り物の 季節が私たちの上にあります。今年初めての可能性がありますが、私は私の人生で大人になるために何を得ようとしているのかよく知っています。静岡へのシティー・コストでの旅の両方で、私は自分のために欲しい独特で革新的な緑茶アイテムをすべて目の当たりにしていました。そして私は彼らが欲しいと思うので、日本を愛し、緑茶を愛する友人や家族もそうです!


私たちの旅行の中で、私は家族や友人が私が気に入っているほど多くの緑茶製品を見ました。そして、緑茶の道具や備品以外にも、緑茶そのものが豊富で、食べ物や飲み物をスピンオフして、今年はすべて緑になると思います!

私は静岡の主催者から素敵な緑茶の贈り物を受け取るのはとても幸運でした。私はこれらを自分で保つつもりですが、私は愛する人のためにこれらの製品のいくつかを購入する予定です。私はまた、他の緑茶の道具類や私たちが旅行中に見たアイテムを買う予定です。以下は、緑茶愛好家のための良いクリスマスや新年の贈り物をする人や、ノベルティグッズや日本のグッズを楽しむ人のための小さなセレクションです。


緑茶香バーナー


ゲートから強く出てくるので、私の最初の選択は、私がサンタさんに求めていることです。私は森町のオサダンで見た緑茶香バーナーが大好きです。私はInstagramにこれらの写真の1つを掲載しました。これはInstagramアカウントで一番のコメントを頂いています!私はこれらのオリジナル商品の新しさと魅力を高く評価する唯一の人ではないようです。そして、私はあなたの匂いが単に素晴らしいことを伝えることができます。私たちがオサダエンに歩いた分、魅力的な香りははっきりしており、逮捕されました。最初は、通常はあなたが魅力的ではない葉のにおいをすることができるので、匂いの強さに驚きました。私はその後、茶葉の小さなプレートの下で茶色のキャンドルを照らし、彼らが魅惑的な香りの原因であることを知っていました。


近いうちに静岡に行かなくても、 オサダンのオンラインショップでは、これらのものを手に入れることができます。

オサダン本店緑茶香バーナー


そして、彼らはまた、Yamacho Meichaのオンラインストアで販売しています: Yamacho Meicha's Online Shopの香炉


緑茶ポット


最近の森町での最近の緑茶ツアーでは、私たちが訪れた場所のほとんどが、日本では「 九州」と呼ばれる緑茶の鍋をたくさん持っていました。大量生産されたお茶を購入することもできますし、手作りのものを購入することもできます。私は1868年以来、茶の卸売業者である山中明菜の頭から受けた上の写真は常滑のティーポットです。彼らはあなたが得ることができる最高品質のティーポットであり、特に彼らを特別なものにするのは日本で最も古い日本の窯で焼いたことです。 常滑ティーポットの定義要素は、それらが作られる天然の粘土です。私たちが受け取ったティーポットは、 常滑ティーポットによく使われる古典的な赤い粘土の美しい色合いです。私たちはスローフィルターをスパウトの底に溶着しています。いくつかのティーポットには取り外し可能なフィルターがあります。


それは、Yamacho Meichaのオンラインショップからオンラインで購入することができます:

Yamachou Meichaのオンラインストア


上の写真では、奥の神社の向こうにある琴町夢見町の森のお茶屋で、茶碗の中の小さな部分を見ることができます。 ヤマチョ・メイチャのオンラインショップには、これらの写真やその他の画像はありません。


下の写真は、Osadaen Hontenからの選択肢の一部にすぎません。 Osadaenはオンラインでこれらの茶鍋のいくつかを販売しています: Osadaenのオンライン店茶鉢コレクション。


緑茶のカップ


緑茶の鉢のセクションに記載されているすべてのお店には緑茶のカップも豊富に用意されています。もちろん、日本全国の多くの地域で緑茶茶を買うことができます。しかし、もっと個人的なものや特別なものを探している人は、静岡の御所御所御守御守から手作りのものをお勧めします。あなたは、店を鳴らしてオリジナルの作品を注文することができます。作品が完成するまでには少なくとも1ヶ月かかることに注意してください。


恩納御母山は、 奥の神社の敷地にあります。日本で8万人を超える唯一の神社で、神社の材料と陶器の釉薬の敷地を使った独自の陶器工場があります。私は一種の緑茶のカップを絶対に愛しています。


現在の作品のいくつかを見ることができ、電話番号はEnshu Mimoroyaki Bessho Kamaのウェブサイト(日本語のみ)で確認できます。


緑茶ツアー

あなたの愛する人を忘れられない思い出にするのはいかがですか? 1人3,000円で、静岡の見事な庭園への緑茶ツアーを企画することができます。そこではプランテーション、工場を訪れ、様々な紅茶を味わうことができます。早朝に到着した場合は、富士山の有名な海の雲をバックグラウンドで見ることができます。足元には美しい茶園があります。そしてあなたが運が良ければ、 日本の牧草地を垣間見ることができます。これはまれであり、現在は日本の特別国定碑です。


Houkouen茶園には、英語のWebページでのツアーに関する情報があります。彼らはまた、農家の二郎と調整して、生涯のツアーを企画するソーシャルメディアのアカウントをたくさん持っています: Houkouen Tea Plantation


日本の緑茶

3色の富士山の写真は公式の郷土館の写真です。


私はHoukouenからこのユニークなギフトセットが大好きです。ハンカチには3種類の緑茶が包まれ、富士山に似ています。紅茶は煎茶、茶碗茶、紅茶で、すべて栽培されています。 彼らのサイトには英語で詳しい情報があります。



オサダンは高い品質とオーガニック認定を自慢しています。彼らの製品に関するすべてが、パッケージングに至るまで印象的です。私はこの有機抹茶を本当に愛し、流行のパッケージングがそれを贈り物に適していると思う。 彼らのオンラインサイトにはさらに緑茶のアイデアがあります。


ヤマチョ・メイチアはまた、すべての味とすべての非常に高品質の紅茶の素晴らしい選択肢を持っています。彼らは特別なギフトボックスで贈り物をパッケージ化します。あなたは彼らのオンラインウェブサイト上で彼らの緑茶(葉と袋)ギフトセットを購入することができます


**グリーンティーフラスコ**

静岡県の茶協会会館では 、8月に行われた初の緑茶ツアーで、緑茶フラスコの贈り物を非常に寛大に受けました。このタイプのフラスコは来るのが非常に難しいので、私たちは特に幸運でした。この限定版の緑茶フラスコには、リムーバブルでお手入れが簡単なティーリーフフィルターが付いていますので、外出先でおいしいものをお楽しみいただけます。これは、ホットまたはコールドティーのいずれかに使用することができます。私はこのリストにそれを含めました。あなたが手をつけるのが非常に難しいのですが、購入することができれば、あなたの贈り物は、その排他性のために少し特別なものになるでしょう!


これらはちょっとしたアイディアです。オンラインでも緑茶でも買うことができる緑茶関連製品と道具類がたくさんあります。あなたが埼玉の元町や豊後郷にいる場合は、その店のひとつ、またはすべての店に入ることを強くお勧めします。


この掲示板は、静岡グリーンティーガイドの一部である特別な茶ブログのレポートであり、日本のブロガーのためのCity-Costを通して、投稿を作成する新しい「日本」の経験に従事するチャンスです。


By Saitama
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿