Loading...

Dec 9, 2017

雪国のワイナリー?越後ワイナリーは地方のお気に入りです

雪、米、酒( 日本酒 ):新潟県は、三つのことのために知られています。雪解けは日本の最高の日本酒を醸造するために米と一緒に使われる純粋な水を提供するので、これらの3つはすべてうまくまとまります。だから、新潟で酒飲み体験をしてみると、別の種類の飲み物が人気があることに驚いているでしょう。


ワイン




私は酒造りの酒造りを見たいと思っている私の新しい町を旅行しているときに驚いていました。非常に顕著な西側の建物、すなわち越後ワイナリーに遭遇しました。地元のスーパーやコンビニエンスストアがそこで生産されたワインを売ると、私はさらに驚いていました。


私は隣人と私がボトルを入れ替えると、一瓶の越後ワインを味わうことができました。私はカリフォルニアから来たので、ナパ・バレー・カベルネを渡しました。そして、彼は私にエチゴの普及した「エッチゴ・レッド」赤。私は喜んで驚いていたと言わなければならない。私が慣れていたほとんどのワインよりも甘かったですが、ここで涼しい気候がブドウの風味に影響を与えていることがわかりました。


雪国 (「雪国」)に当地の気候に適応させることは越後ワイナリーのための共通のテーマです。結局のところ、冬の間に数十フィートの雪が降る場所にワイナリーを持たないことはほとんどありません。それでも、越後ワイナリーは寒さにもかかわらず、40年以上にわたりその工芸品を完成させてきました。


エッチゴワイナリーは、より寒い気候でより弾力性のあるヘッジ型ブドウを栽培しています。私が前に述べたように、味はより甘くなる傾向がありますが、それがあなたのワインで好む口蓋であれば、ここで商品を愛するでしょう。


また、ワイン醸造所は、貯蔵されたワインを断熱して冷やして所望の温度に保つために雪を使用する独創的なシステムを有する。ワイナリーの屋根には、雪が壁間の隙間に蓄積し、断熱効果があり、ワインが完全に環境にやさしい効率的な方法で適度な温度で老化することができます。


越後ワインは、標準的な赤、白、輝くオプションなど、20種類以上のワインを提供しています。最も人気のある3つのオプションは、Kerner Grape White、Merlot、Chardonnayです。私はそれらのすべてを試してみる機会がありませんでした(私は赤ワインのファンです、自分自身です)。しかし、私の隣人や他の友人たちは、すべてのオプションで誓います。




越後ワインは様々な方法で購入できます。もちろん、ワイナリー自体に向かうことができます。そうでなければ、その地域にいれば(基本的には湯沢 - 長岡間)、スーパーマーケットやコンビニエンスストアで見つけることができます。


最後に、オンラインで注文するにはここウェブサイトをご覧ください。ボトルの範囲は約600〜4000円です。




一番最後にお勧めするのは、あなたがワインに入っていて、新潟を訪れたいなら、越後ワイナリーの「ブドウ祭り」と一緒に9月に出発することをお勧めします。多種多様なワインを組み合わせるフード・スタンドワイナリーでは、果樹園を訪れて自分たちのぶどうを選ぶ機会を提供しています(これは美味しく、スーパーマーケットで大量に売られています)。

By genkidesuka
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com