Loading...

Jan 9, 2018

日本文化に身を浸す - 日本の温泉を楽しむ方法

大浴場やサウナ、トルコ式、ロシア式、スカンジナビア系の文化が楽しめる文化がたくさんありますが、私にとっては日本の温泉はそれぞれ独自のクラスです。温泉入浴は日本の伝統であり、よりリラックスした日本文化のひとつを楽しむのに最適です。


あなたが入浴を心配している人のために、私はあなたが誤ったステップを回避し、このリラックスした思い出深い努力であなたの楽しみを最大にするように、プロセスを案内します。 [もちろん、見知らぬ人の前で裸であることに絶対に反対する場合は、下記の「私設温泉体験」セクションに進んでください]


公衆浴場と温泉:

温泉は日本の大浴場であることを認識することが重要ですが、日本の大浴場はすべて温泉ではありません。主な違いは水の種類です。温泉では、天然の温泉から水を採取しなければなりません(または天然鉱物を水に加えることによってシミュレートされます)。温泉はリラクゼーションのためのもので、風呂は自ら清潔になり、ビジネスに行くという意味で、温泉と大浴場の間には特徴的な違いがあります。施設は通常その目的を反映しています。

温泉のしくみ:

日本の温泉を使うのはかなり簡単です。温泉を訪れたり、1回限りの料金を支払ったり、敷地内に温泉がある旅館に宿泊したりすることができます。


温泉に着くと、小さなタオルとそれにはいくつかのアメニティ(カミソリ、歯ブラシなど)を入れたビニール袋が用意されています。そこから男性または女性の適切な脱毛室に進みます。国にはユニセックスの温泉がほとんど残っていないので、ドアの前でノーレン (吊りタペストリー)に分かれていきます。男性のnorenはそれにこの記号が付いているより暗い青色または紫色である:男;女性のnorenはこのシンボルで赤またはピンク色になります。女。


中に入ると、cubbiesやロッカーがあります。あなたのギアを分解し、使用可能なスペースの中に入れてください。ビニール袋は残しておきますが、小さいタオルを持って持ち歩いてください。バスに乗っていくときに少し控えめに使用できます。


お風呂に入ると、スツール、バケツ、石鹸、シャンプーが付いたシャワーヘッドがたくさん並んでいます。利用可能なものを選んで、便の上に寄り添い、クリーンアップしてください。実際に温泉浴槽に当たる前に必ず洗い流してください。


いったんあなたは完全に洗っている、それは浸漬のために浴槽を打つ時間です!大半の温泉には大型の屋内浴槽がありますが、一部の浴場には屋外浴槽やロッテブルがあります。いずれかを使用して、浸漬をお楽しみください!

2つの簡単なメモ:

- 一部の温泉では、側面またはコーナーに小さな浴槽があります。その浴槽は典型的には本当に冷たい水で満たされるので、ホッピングする前に注意してください。特に暑い日には、冷たい水に浸すことで、しばらくの間、温泉の水に浸した後に戻って熱と湿気を勇気づける準備ができます。また、バケツを使用することができますし、ちょうどあなたが完全な浸漬のために取得したくない場合は、あなたに注ぐためにいくつかの冷たい水を掬う。

あなたはどこにでも小さなタオルを持っています。温泉に入るときは、横にある棚に置いておくか、頭の上に置いてください。ボトムライン:オプションがあれば、水の下に浸しておかないでください。ちょっと温泉礼儀です。


そしてそこにあなたはそれを持っています:日本の温泉にいかがですか?


プライベート温泉体験



あなたがこのセクションを読んでいるならば、それは選択を与えられたことを意味し、あなたは見知らぬ人の周りで裸であることを好まないでしょう。それには何も問題はなく、温泉の経験を忘れる必要はありません。ちょっと前の計画や余分なお金を意味します。


プライベートな温泉体験をお望みの場合は、温泉浴場を提供する旅館や個人用に予約できる共同体温泉を予約する必要があります。専用の温泉浴槽がある部屋は、費用がかかります。一般的に、1泊30,000〜75,000(客室と食事あり)のどこかで運行しています。安い方が好きな方は、多くの旅館で共同利用できる温泉をご用意しています。時にはそれは無料ですが、時には名目金額があります - いずれの場合も、あなたとあなたの旅行の仲間がそれを使用する時間を設定するためにフロントデスクに必ず話してください。 。

By genkidesuka
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com