Loading...

Apr 6, 2018

南魚沼の雪と別れを告げる

私の町(新潟県南魚沼市浦佐市)にはたくさんのことがあります。人々は親しみやすく、地元で栽培された米と野菜はおいしく、いつも何らかの祭りや特別な行事があります。唯一の欠点は、ゆきグニの生活の一部である大量の雪です。私が間違ってはいけません、雪はスキーとスノーボードには最適ですが、ここの冬の真っ只中に、雪が降りすぎて生き残ることはできません。食料雑貨店、家などがあります。

降雪量のメーターとメーターは厳しい冬には向いていますが、私たちの町ではそれを最大限に活用するすばらしい方法を見つけることさえできます。もうひとつの市価的なブロガーがここで行われているスノーボール・ファイト・フェスティバルについて書いていましたが、3月上旬頃、私たちの町では子供雪フェスティバル(文字通りウラサコドモユキ祭 大きな公園には、 八女の森公園があります。家族向けのイベントでは、雪の中で生活する上で最も面白い面を紹介するだけでは勝てません。


このフェスティバルが提供しなければならなかったいくつかのアトラクションは次のとおりです:


食べ物



先にも触れましたが、南魚沼に関する最高のものの1つは、地元産のものです。新しく調理したコシヒカリ米は、さまざまな方法で提供されていました。美味しい椎茸 (マスコットではなく、上に描かれています)と、他にも健康的でおいしいオプションがあります。もちろん、焼き鳥、焼きそば、マンジュなどの標準的な運賃がなければ、祭りは終わらないでしょう。他のお祭りと同じように、現金は王様ですので、いくつか便利にしてください。しかし、あまり必要はありません。私たちが娘のために購入したコットンキャンディーはわずか30円で、500円以上のお値段はありませんでした。


楽しい




町は確かにここの人々が雪を最大限に生かすことができることを示しました。上に描かれているのは、子供たちが楽しめる南魚沼ユールキャラ (マスコット)の形をした弾力のある城です。さまざまな年齢とスキルグループ(提供されているスレッド)、さらにはスノーモービルの曳航式のラフトでも、最大4人まで同時に乗ることができます。一番良いところ?すべてのアトラクションは無料でした。





祭り




町では、公園内の円形劇場をうまく利用し、ダンス劇場や太鼓などの演奏で数時間のプログラムを続けました。ショーのためだけに立っていた部屋でしたが、いくつかの子供たちがいくつかの新しいダンスの動きを見せたり、市民団体を見たりするのを見て、太鼓の演奏は活動の間に素敵な休憩を提供しました。




今年はウラサ・チルドレン・スノーフェスティバルの12回目を迎え、来年のイベントは3月初めの週末に開催されます。このイベントは、早朝から夕方まで終日運行され、大規模なボン・ファイアーを遂げています。


Yairoa森公園は、ウラサ駅から徒歩約20分のところにありますが、タクシーやバスが利用できます。車では、上越自動車道の大和出口から車で約5分です。




By genkidesuka
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿