Loading...

Feb 2, 2018

武士博物館での古代タイムズへのダイビング

新宿の歌舞伎町にあるサムライ博物館は、この地域の新しい観光スポットに属しています。 2015年9月にオープンし、すぐに外国人観光客に人気が高まった。そして、私はまた、特にあなたが日本には初めてで、武士の話題に初めて入りたいなら、サムライ博物館を訪れるのは本当に素晴らしい機会だと思います。




サムライ展


サムライ博物館では、平安時代から江戸時代の終わりまでの700年の武士の歴史を知ることができます。博物館には2つのフロアがあり、スタッフがグループでガイドします。これにより、多くの情報が得られ、歓迎されている以上の質問をすることさえできます。スタッフはとても英語を話してくれてとても楽しかったです。


1階には、室町から江戸時代までのオリジナルの装甲が見事に印象的です。 2階には6つの小さな部屋があり、ヘルメット、剣、マッチロック銃や異なる時間帯など、特定の話題を持っています。武士のヘルメットのように、触ったり試したりすることができる展示品のいくつか。


グラウンドフロアには、買うものがたくさんあるお土産やギフトショップがあります。最近、彼らはまた、 オンラインショップでいくつかの記事を提供しています




パフォーマンス&エクスペリエンス


ガイドツアーの終わりは博物館の終わりではありません。探検すべきことがもうあります! 1日4回、 剣の戦いが行われます。これは約10〜15分の説明で続き、あなたは自由に質問し、後で一部のゲストもパフォーマンスに参加できます。


小さな写真コーナーでは、ヘルメットや侍の衣装を​​試したり、自分のカメラで写真を撮ったりできます。しかし、週末は混雑する可能性があることを覚悟してください。


上記の経験は入場料に含まれていますが、追加料金を支払う必要があります。サムライ博物館では有名なホラー映画「 さだ子」のロゴをデザインした倉林志保さんの指導のもと、週2回の武家書道授業を行っています。さらに、彼らは日本の剣の元監督であるポール・マーティンと日本刀のコースを持っています。


これらのレッスンはすべて約1時間かかり、費用はそれぞれ5,000円(博物館入場料含む)です。訪問前に予約をしておく必要があります。




アクセスと入場


武士博物館新宿は東京で最大規模の赤と灯火の地区で、ホストとホステスのクラブ、バー、ラブホテルは数えられています(昼間は心配しないでください)。 JR新宿駅(東口)から徒歩約8分、西武新宿駅から約4分です。開館時間は10:30〜21:00、最終入場は20:30です。


大人1,800円(12歳未満のお子様800円、3歳未満の子供は無料)で入場料はかなり高いですが、英語で(または、必要ならば日本語で)ガイドツアーを受け、剣のパフォーマンスとドレスアップを参照してください。だから、1回の経験では、それはまだOKだと思います。


ウェブサイト: 英語 | 日本語

住所:東京都新宿区歌舞伎町2-25-6(東京都新宿区歌舞伎町2-25-6)


By YokoLostinJapan
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿