Loading...

Dec 24, 2017

江戸ワンダーランド日光

日本の文化と歴史は非常にユニークで、あらゆる外国人のための素晴らしい経験です。江戸時代の江戸時代の江戸時代のテーマパークを訪れてみてはいかがですか。


江戸ワンダーランドは、江戸時代の生活と文化をテーマにした文化テーマパーク(1986年創立)です。日光の鬼怒川温泉エリアにあり、東京から電車でわずか2時間30分です。テーマパークの1日券は、大人は4700円、子供は2400円です。東京から列車で行く場合は、東武鉄道の江戸ワンダーランド&日光市エリアパスを6610円で利用できます。東京から鬼怒川温泉までの列車の乗り換えやテーマパークの入場料が含まれています。


江戸時代の農家や武家のような古い建物があります。あなたはすべての家を訪れて、その時にどのように生きていたのかを感じることができます。村は江戸道、筑波町、商業地区、商業地区、武家邸、忍者の里の5つのエリアに分かれています。特別な経験として、江戸スタイルで服を着て村の一部に入ることが可能です。


あなたは、江戸地域に住んでいるように、周りを歩いて見て、行動するテーマパークのスタッフのどこにでも見ることができます。下位から中級、上級まで、あらゆる種類のグループを見つけることができます。公園には7つの劇場があり、忍者ショーや若松屋ショーなど、さまざまな伝統的なテーマのショーを体験できます。通りの外側にあるいくつかのショーを楽しむこともできます。そのため、あなたが何をしているのか常に見守るべきです。古い江戸警察はいつもあなたを見ている。テーマパークで楽しめる江戸ワンダーナイト、おしゃつ、ひなまつり、七夕などのパレードや季節のお祭りもあります。


テーマパークはまた、子供や大人に多くの体験を提供しなければなりません。なぜ忍者のようにドレスアップしたり、武道に恵まれている場合は武士や剣を使ったり、試してみてはどうでしょう。本当に皆のためのものがあります。少し穏やかな方が好きな人は、江戸の街並みを回って古い木製ボートでボートに乗ることができます。


村にはまた、そば、ラーメン、または洗濯用のレストランもあります。あなたが好きなものを選んで、江戸スタイルのレストランで席を取るだけです。
江戸ワンダーランドはしばしば映画やドラマのセットです。国内外のプロダクションに使用される大きなオープンセットの独自の映画スタジオがあります。


あなたが日本語を話せないなら、心配する必要はありません。ほとんどのスタッフが英語を話すことができ、テーマパークマップは英語、フランス語、ドイツ語、タイ語、韓国語、ロシア語、中国語でも利用できます。

公園は本当に家族全員にとってとても素晴らしい体験です。 1日ですべてを楽しむことは難しいので、そこで少なくとも2日間過ごすことをお勧めします。

By Crazydeath
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com