Loading...

May 3, 2018

群馬の桐生での茶道

私がかつて住んでいた街には、たくさんの出来事があります。群馬県の桐生には、文化のために芸術と文化を愛する人々がいっぱいです。毎月のフリーマーケット、映画祭、典型的な夏祭り、その他の多くのイベントがあります。しかし、良く知られていない広告やよく知られているイベントの1つは毎月起こるものです。毎月の第3日曜日は正確です。小さな谷には鉄道駅からの小さなトレッキングがあり、日本の茶道を体験できる公園です。 式典は、一日を通して複数の儀式を監督するために、紅茶とボランティアを愛する様々なグループの人々によって組織されています。 ここではグループが毎月交代し、あなたが行くたびに異なる経験をすることができます。私はそれが私に起こったことであると確信しています。私は2回あり、2つの全く異なる経験をしています。初めてこのイベントについて知りましたが、私は文字通りそれを見つけました。私はハイキングに向かい、トレイルヘッドに行くために公園に行った。何時でも、いつも素敵な小さな自然公園であり、多くの人がハイキングに出入りしています。その月の3番目の日だったはずのランダムな日曜日には、パーク内のパビリオンの周りを待っている人々の行が見えました。何が起こっているのか不思議で、私は待ち行列に入った。当時は日本人はあまり知らなかったが、300円かかって甘いものを手に入れた。 私はラインでも待っていた。パビリオン自体はかなり走っていて、屋根と木製の座席があります。私はその日非常に暑いことを覚えていますが、私たちは皆熱い抹茶を飲み、小さなお菓子を楽しんでいました。正直、壮大な経験でした。私はいくつかの素晴らしい日本の練習に入って、お茶を一緒に飲んだ人々の数人と一緒に山を登った。私はそれが数年後に実際に月例イベントであることを知らなかった。私は茶道に2回目を踏みましたが、友人はカナダの町にいた彼女の兄弟に日本文化のビットを見せたいと思っていました。その訪問はその月の第3日曜日に起こりました。茶道より日本を経験する方がいいでしょうか?私たちは数年前に見たもの、パビリオンの人々の行を期待して公園に行きましたが、誰もそこにいませんでした。それは空でしたので、私たちはパビリオンでピクニックをして、マッチョ修正を希望しました。それから私は以前見たことのないものを見つけました。丘の上に赤い和風の傘があります。見たことのある古い建物の外にあったのですが、わかっていませんでした。


それは茶室だった。これは、通常、茶道が行われる場所、真の伝統的な茶道の場所であることがわかります。天井の低い入り口では、熟練したアーティストのタペストリーと別の花のアレンジのために、あなたの頭を尊重し、壁のニッチをかわすことを強要しました。この儀式の出演者は、外国人が参加して、すべての措置とすべての背後にある推論を説明することに喜んで参加しました。最初の儀式と同じくらい壮大だったが、はるかに正式だった。同じイベントの2つの全く異なる体験。あなたが行くとそれをチェックアウトしたい場合は、公園への地図のこの役に立つリンクに従ってください。


(私は両方のイベントの写真をもっと見たいと思っていますが、Facebookは私の人生の1年を消してしまったようです)

By edthethe
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿