Loading...

Dec 15, 2017

秩父の和合勝どん - 待つ価値のある食事

秩父は私の東京外出先になっています。それは私に自然、歩き方、ハイキングに簡単にアクセスできるようにします。しばしば道に沿って少しの歴史と文化があります。ここ数年の旅で、私は道路沿いの一箇所で永久的な人々のように思えました。調査の後、私はそれがレストランだと分かりました。外から見るとあまりエキサイティングではありませんが、明らかに何か刺激的なことが起こっていました。さらに数回の旅行の後、私は最終的に私がラインに加わり、この場所をチェックできる日がありました。私が日本に住んでいる間に学んだことの1つは、ラインの前に行くほうが常に良いので、オープニング時間の1時間前に現れました。私の驚いたことに、すでに約20人が待っていましたが、計画が立てられており、私たちはその地位を保持していました。最後にドアが開きましたが、最初のバッチでは入らなかったので、さらに30分待っていました。ついに私たちの順番が来て、 畳敷きの床に5つのバー・シートと2つの小さなテーブルを使って、きつく離間した座席エリアに入りました。全部で13人の座席があります。インテリアの装飾は、外装の装飾のように、当然アトラクションでもなく、それ以上の遅れがなければ発注業務に慣れていませんでした。


私が見つけたは、 武者舘家屋にある。 カツドンは、お米のボウルにパン粉と揚げたポークカツレツです。そして、 ワラジは、わらサンダルの日本語です。 Warajiは何世紀にもわたって日本で使われてきた一般的な履物であり、多くの神社への捧げ物として、今日もいくつかの修道士によって使用されています。そして、意外にも、渓流を歩いている間に鋭い石から足を守るために防水靴に使用されました( Sawanobori 、沢登り)。 カツワルジに似た形と色をしていますので、 ワジじゃないです。 秩父では、 わらじカツ丼は、最も人気の名物 (特定の領域で有名な食品またはアイテム)の一つであり、どのような秩父のカツのユニークな点は、カツが深くパン粉される前にマリネと揚げているということです。


1つのスライス( ichi-mai 、1枚)または2つのスライス( ni-mai 、2枚)の2つのエントリしかないメニューが表示されます。一つのスライスは意味:米の1つのボウル、および2つのスライスに1 勝の意味:米の1つのボウルに2 勝を 。どちらも味噌汁と日本のピクルスが付いています。だから、私たちの長い待ち時間の後であるため、私の空腹の私たちは、NI-舞のために行ってきました。


私の口は、私が戻ってきたときに既に水に浸かっています。私はバーに座って私の注文が準備されているのを見て、私はカツレツがオイルから取り除かれ、今私が知っている味噌ソースに浸っているのを見ます。浸漬されたカツレツがソースの大きな鍋に消えていったとき、浸水はおそらくより正確な動詞になります。私たちの注文は非常に迅速に到着しました。当初、私は容姿に酔いしれていましたが(これは結局日本です)、私はそれをすぐに乗り越えて、私の歌に入りました、そして、それは私が混乱した時です...私はこの場所について言葉を広げますか?または単語を広げない? ...入る線がすでに長いので、それは良い、すばらしさ、そして私は人々に知って欲しい!


何人かの人はクリスピーなカツが好きですが、これはちょうど私の好きなものでした。肉は柔らかく、ソースは私にもっと欲しいものでした!しかし、私の飢えでさえ、2番目のスライスを管理する方法はありませんでした。おそらくこれは一般的な出来事なので、彼らは手元にある箱を持っています。それで、私達は非常に多くの方法で満足して行きました、そして、私たちは夕食のための残り物を食べました!総額1,080円(1スライスは860円)です。


私は秩父の他の場所で和合刀を試してみることを楽しんだが、外に待っている長い行路がなく、この湧き出る経験を味わって欲しいという私の心は毎回変わる!


ごちそうさまでした!


詳細については、以下を参照してください。


Googleマップ上のリンク :住所:〒638-0034埼玉県秩父市日ノ町1-6丁目6-9


レストラン名:安田屋日野田店(安田屋、安田屋、安田店の日ノ支店)


営業時間:午前11時半から午後4時まで。月曜日は休業です。現金のみ。


City-Costレストランレビューのリンク


By LovingJapan
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿