Loading...

Oct 7, 2017

東京アートブックフェア2017には魅力が沢山あります。



今週末は、第9回東京アートブックフェアが、東京湾の海に囲まれて、むしろ手紙のない天王洲アイル地区に棚上げされているのを見ています。国内外の出版社、芸術家、書店などが3日間のフェアで開催され、350社以上の出展者が「倉庫TERRADA」アートコンプレックスの4階を占めています。


私は、東京に住むほとんどの外国人にとって、天王洲島の言葉は、東京移民センターの不幸な場所であるという吐き気の始まりを引き起こすだろうと推測しています。東京の静かなこの場所に来るのは、長年の待望と黙認の封印以外の理由からきれいです。




外国人が日本に滞在する意志のテストに非常に関連している場所は、少なくとも1週間は国際的なイベントを主催するために使われているということは、やや皮肉なことです。そして、東京アートブックフェアは、世界中からここに来たbookishタイプの部族(たくさんのニットセーター、ビーニ、ジョンレノンスタイルのスペックを期待しています)が本当にあります。私が話した日本の出展者の多くでさえ英語に堪能でした。


私は本を​​読むのが好きです。私はまた彼らの見た目や感じが気に入っています。このような理由から、私はKindleのアイデアを一度もとらえていません。ブックフェアは、私が楽しむもののように聞こえる。私は東京アートブックフェアがアジアでも一番大きい場所を読んでいました。しかし、警告の言葉。東京モーターショーに似た何かを本だけで期待するこのイベントには来ないでください。スケールは著しく小さくなっています。




アートブック?これは初めてのTABF訪問でした。 「アートブック」という言葉は、誰も読んでいないレンガが重く、光沢のあるコーヒーテーブルの出版物で、これは公平なものだと思うようになりました。 - Mario Testinoのソフトポルノ、Oscar Niemeyerのブラジル ...そのようなもの。私がNiemeyerの何かを見つけている間、私の前払いの概念は大部分が誤解であることが判明しました。


少なくとも東京アートブックフェアの利用に関しては、「アートブック」はどういうものかはまだ分かりません。これらの本は芸術として身に着けられているのですか、それとも書籍として服を着たアートですか?あるいは単なる書籍で、そのページには芸術がいっぱいですか?私は書籍の形で芸術に行くと思う。雑誌、雑誌、ノート、ポストカード、Tシャツ、ステッカーなどがあります。私はひもで包まれた大きな本を見つけました。 (「アート」は本当に緩やかなコンセプトです)明白なことだが、ここに展示されている本のポイントは、散文よりも芸術に関するものだ。コレクターズ・エディションのジョセフ・コンラッドを見つけることを期待してここに来るのは間違いでしょう(私は「The Beats」からの引用のちょっとした見た目のペーパーバックを見つけましたが)。




この読者は「アートブック」についてはご存じのことにもかかわらず、東京アートブックフェアには魅力が十分に蓄えられています。出展者は、仕事を説明するのは楽しいものではありません。買い物をする必要はありませんでした。そして、芸術を本当に気にしているような人々、特に謙虚な本のような人々を見るために、クリエイティブなプロセスを冷たくする(この感情を表現する人物をオンラインで書く)ことがよくあります。




私は本を​​買った。それは800円かかります。それは作家の東京の秘密のスポットへの小さなガイドです。日本の作家は、外国人の友達などを、典型的な観光地から離れた日本の首都に見せたいと言いました。それで、新宿の伊勢丹や東京タワーお土産の町があ​​りますし、文法の中には日本語が少ししかありませんが、実際は気にしません。むしろ、私は誰かが時間と労力(おそらくは個人資金)を集めて、このようなものを入れて、人々にそれについて話すためにそこに出て行きます。さらに、私はこれがどのように個人的に大好きです。私は「My Bestkept Secret Spots」(私のスペルではない)で推奨されているスポットのすべてではないにしても、その一部を訪問しようと努力しています。私がよく知っている場所であっても、その場所を気にしている別の人間がいると私はそれが私を新しい光の中で見ることになると思う。


でも、これはちょっと病気になり始めているかもしれませんが、少なくとも私にとっては東京アートブックフェア体験の真実を反映していると思います。私は通常、デフォルト設定が、私が理解していない、あるいはそうでない、特にアートのようなものについて、何か不本意な発言をしている人です。しかし、TABFの場合、「アートブック」以上に、それは個人的な努力、静かな情熱、そして展示されている暖かさの大いに必要な量の感覚です。



明日の東京アートブックフェア2017(11:00 - 19:00)入場は無料です。


Web: http : //tokyoartbookfair.com/en/



地図:




By Tomuu
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿