Loading...

Jan 3, 2018

琉球村 - 伝統的な沖縄文化の保存と体験

沖縄は日本とは異なる文化を持っています。沖縄は15世紀から19世紀にかけて琉球王国と呼ばれる独自の王国でした。この琉球文化の多くの側面は今でも沖縄でも見つかることがあります。琉球村と呼ばれる人気のある観光地では、体験するのに最適な場所です。


私は沖縄に2回目を迎えた親戚と一緒にそこに行って、数年前から日本に住んでいたのですが、初めての訪問でした。私は沖縄についてはほとんど何も知らなかった(食べ物 - トップ5の沖縄の食べ物についてはhttps://www.city-cost.com/blogs/Jackson/wr8a6-food_okinawaを読んでください )、私は本当に興奮していました琉球村に行って、沖縄の伝統文化を体験してみよう。




入り口からは、琉球文化がいっぱいです。あなたは沖縄の獅子ライオンがあなたを歓迎しているのを見て、入り口の人は伝統的な沖縄の服を着ています。そして "チケットを見せてください"というサインも現代の日本人よりも古代中国語に似ている漢字で書かれています。この村のマスコットには、 "歓迎"のための沖縄である "mensoure"という看板がありました(それは標準的な日本語では "yokosou"です)。これは本当に私を気分にさせ、日本とは違うものを見るように私に準備しました。




公園に入ると、私はすぐに私が見たことに驚いた。ここの建物は、私が慣れていた建物とはまったく異なっていました。彼らはストロー屋根や赤レンガの屋根を持っていて、本体の壁は木と石の両方を使って建てられました。しかし、これらの建物の中には畳がありました。それは本当に中国と日本の文化が混在していました。これらの建物のほとんどは開いていたので、(靴を脱いだ後に)入り、座って座ることができます。気を散らすような展覧会がなければ、伝統的な琉球の家に訪れたり、住む雰囲気の中に本当に浸ることができます。




私たちは畳を楽しんでいて、私たちの周りのことを話しながら、遠くからのいくつかのドラムを聞いて、その音に従うことに決めました。私たちが見つけたのは、家の中の一つの音楽のパフォーマンスでした。沖縄の太鼓には演奏者がいて、三味線があり、沖縄の伝統的な服を着たダンサーもいます。それは時間の旅行に戻る村の感覚に私たちを本当に浸しました。




彼らが終わったときに、大規模なダンサーグループがセンターコートヤードに現れました。私たちの多くは、澄んだ空の下で踊りを見るために家を出ました。しかし、パフォーマーたちも私たちに参加して彼らのダンスとチャントに従うように招待したので、私たちは学び、伝統の一部となりました。




あなたがお土産や展覧会に参加していれば、家の中には読んだり買ったりするものもありますが、私がこの場所から見つけた価値はすべて村の没入型の側面にあります。伝統的な琉球時代の人生はどうだったのでしょうか?琉球王国はもはや周りはありませんが、文化は非常によく保存されています。この琉球村は、すべてを学ぶのに最適な場所です。



琉球村についてさらに詳しく知りたい方は、ウェブサイト( https://www.ryukyumura.co.jp/en/)をご覧ください。


------------------------------------------------

*これらのような投稿のために私のブログに従ってください!

By Jackson
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿