Loading...

Mar 24, 2018

200歳 "タイ染色"



約200年前、福岡県の久留米市に住む12歳の少女が、綿糸に麻を絡めて染めて織り、模様をつくる独特の技法を試し始めました。

伝統的なインディゴ染色を用いて初めての「タイ染色」を生み出し、綿を染色する前にデザインを作成し、教える方法を教えてくれました。


今日の街では、地元の人たちが、このほとんど藍色の布を使って、カスリを着ているのがよく分かります。初めは着物を作りましたが、アクセサリーから現代のドレスまで、あらゆる種類の製品に使用されています。 (写真:スカルデザインショートパンツ)




まだカスリスタジオツアーがありますが、私はまだそれを作っていません。私は短時間だけシャトル織機で製織しようとしましたが、子供の頃、私はしばしばおもちゃを製織して、大人のように少し織ったことがありました。私がこの街に移ったとき、私はここで製織の歴史について知らなかったが、聞いたところではそれは日本では秘密ではない。




藍・愛・逢いフェスティバルは、今年3月17日と18日に久留米香里について開催される年中行事です。ファッションショーや地元産のカスリ製品も含まれています。私は職人の技とデザインに感謝していますので、私はその製品を見ることに興味がありました。


私が家を出るとき、朝はまだ寒かったので、私は軽いkasuriのスカーフを決めて、それをイベントに着るのは皮肉なことかと思った。到着後、ほとんどの人がカスリファッションを披露していたので、間違いではないことがわかった。


私が入った後、ボランティアの翻訳者が私に必要なことを説明し、英語のリーフレットとアンケートを私に渡してくれたことを教えてくれました。私はそこにいる間、他の(明らかな)外国人は見ませんでしたが、英語の資料をたくさん用意していました。


英語で大声で不適切なヒップホップ・ミュージックがあり、私が到着したときにファッション・ショーが進行していることがわかった。私はこれまで一度も見たことがないが、特に関心がなく、近くに表示されていた元の製品をチェックして、投票する予定だった。カテゴリは、機械の織物から手織りのアイテムを分離し、私は機械の織物への感謝の気持ちが違うことに気付きました。




ベンダーが混雑しているのは面白かったです。百貨店にいるように、半分を切って売っていたように、細工品を縫って工芸品を作っていたたくさんのおばあちゃんが、お買い得のスクラップビンに押し寄せていた。私は人気のブースや狭い通路に近づくことができず、何度か脇に押し付けられて2階に行きました。




上の階には、織機と歴史的なデータを持つ定期的な展示と、木版印刷のデザインを表現するために作られた素晴らしいカスリ作品があります。カスリ製品に加え、カスリ衣類に使用する手彫りの木製ボタンに加えて、他の地元の製品や食材があります。私はそれが1階よりも静かで混雑していないことがわかった。




私が階下に戻ったとき、私はベンダーが少し良くなっているのを見て、後でハンカチを作るための小さな小片を拾った。私が興味を持った美しいシャツやその他の服がいくつかありましたが、品質は2万円でした。私は今、久留米に住んでいるような気がします。私はそれを買う余裕があるとき、特に家に帰るときと海外に旅行するときに、誇らしげにカスリ製品を着たいと思っています。彼らは美しくてユニークな耐久性のある生地です - あなたが福岡県を訪れれオムニージとしておすすめ!

By helloalissa
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com