Loading...

Oct 3, 2017

手頃な価格の日

逃げるための衝動を感じているが、唯一の予備の日と限られた現金しか持たないときは、フィールドトリップスタイルの日帰り旅行は完璧です。自分自身で昼食をとり、町から出て、リラックスして家に帰る。交通機関の価格だけでなく、お土産としてもまだまだ爽やかです。あなたが東京に住んでいても、入場料を必要としない日帰り旅行の選択肢は非常に多いです。


私は最近のエクスカーション、 「Cat Island」への日帰り旅行を歩いて行きます。


キャットアイランドは日本のいくつかの島のニックネームなので、福岡県新地町の愛島について書いています。アイヌシマは猫のカフェよりも面白くてリラックスしています。福岡市からは、 一人2000円以下で運行しています。




準備をする


島にはカフェレストランが1軒しかないので、ランチとお飲み物を一緒にお召し上がりいただくことをお勧めします(お客さまに観光客を求めていない小さな焼き鳥テイクアウト場がありますが)。あなたが到着すると、ポートの近くに少なくとも1つの自動販売機があります。



それらが供給されることになっていないとして、相島の猫の餌(ESA)を持参しないでください 。これは一部の人々、特に地元住民を止めるわけではありませんが、猫の数を管理下におくことはもっと重要です。迷子猫の数が高すぎると、地元の鳥の個体数が減少する可能性があるため、生態系のバランスを保つための問題です。スクラップを共有する漁師と仲良くなっている猫や、地元の人々が頻繁に餌を食べることを知った後に、猫が走っているのが見えます。家の近くにはいくつかの食べ物と水の皿がありますが、おそらく彼らが所属するペットを飼っている猫がいます。


バスとフェリーのスケジュールを事前に確認してください:

(日本語のみ)

福井大前駅からフェリースケジュールを含むルート1のバススケジュール:http://www.town.shingu.fukuoka.jp/index.cfm/1,21110,284,191,html


神宮港からフェリーは、4:9,9:20,11:00,14:30,16:40,18:10の間で、1日に6回しか出ません。年の残りの部分では、午後の時間が変わり、1日に5つのフェリーしかありません。


フェリーに乗ると寒くて風が強くなるので、2番目のレベルから目を離したい場合は、ゆるいアイテムやレイヤーを着用してください。それは短い乗り物の上で少し不規則になるので、船酔いを取得する場合は、薬を取ることを確認してください。





セットを取得する


博多駅からJR鹿児島本線を福知台線駅(15分280円)に乗り換えてください。西側に出て、ファミリーマートの前にバス停があります。


コミュニティバス「愛 - 陸路1号線」を新港港に乗せてください。運賃は100円で、その停止の発表は英語で行われます(駅に戻ってきたこともあります)。停留所が出る頃にフェリー港と海が見えます。 (西鉄新地駅より、2号線で港へ。




フェリービル内の機械からチケット(片道のみ)を購入する。左上のボタンは「大人のチケット、一人」、運賃は460円です。近くのビルや自動販売機にはトイレがあります。フェリーに乗る前にゴミを捨てることができます。ローディングドックの前にはゴミ箱がいくつかあります。島にはごみの回収が限られているため、ゴミは島から返却されなければなりません。 (例外は、島で食べるものを買う場合です。)


フェリーは片道約17分かかります。あなたは愛島でフェリーを出て、フェリーチケットをスタッフに渡します。新関港に戻るフェリーのチケットは、愛島港前の店内の機械から購入することができます。これはまた、島の唯一の公衆トイレがある場所です。




ゴーキャッツ


到着したら、「 アイザツの猫」と呼んで、あなたを迎えるのを待っています。あるいは、彼らは昼寝するだろう。しかし、彼らは野良猫には親しみやすい。あなたはそれらを飼うことができ、大部分はあなたが食べ物を持ってきたことを期待して、それを愛するでしょう。 (しかし覚えておいてください、猫には食べないでください!)ほとんどの猫は一緒になってキティの水たまりで寝ます。それが食べ物になると、他のネコが食べるのを防ぐために、飼育して飼育するより支配的な猫がいます。私は、これらのボス猫のいくつかで、彼らが猫のすべてに食べ物をあげようとしているときに、彼らが抗議したときに、地元のスワッピングを見ました。




多くの人がコメントしたことの1つは、猫がどれだけ小さくて若いかということでした。野良猫はペットの猫ほど長くは生きていません。加えて、彼らはペットの猫と同じ量の食べ物をすべて食べているわけではないので、それらのいくつかはかなり薄いです。多くの猫は目がぬれているので、食べる前に必ず手を洗ってください。




私たちは島で約4時間を過ごしました。いくつかの視点で島の周りに5kmの散策がありますが、島の真ん中から無作為な道を選ぶことができました。これらの道のいくつかは実際には成長していて、そうでない場合は、蚊や巨大な蜘蛛が私を十分に悩ませました。私たちはいくつかの視点に行き、メイントレイルの一部に沿って歩いた。




私たちが見たほとんどの猫は、港に沿って水の近くにいました。私たちは、私たちの上に浮かぶトンビ (黒い凧)と呼ばれる巨大な肉食鳥のトンを見ました。私は、森に入った猫を奪い取るだろうと推測しています。彼らは観光客から離れて幸せそうに釣れるように見えました。


私は港の近くの岩や貝を見て楽しんだ。残念なことに、適切なビーチはあまりありません。私は誰も泳ぐのを見ませんでしたが、水はきれいに見えます。それがもっと温かければ、私は少なくとも私の足を入れました。

私たちは、水に沿った日陰の防波堤の後ろに私たちの昼食を食べました。そして驚いたことに、猫は、配布資料を探しに来ていませんでした。




私たちはミカシャーベットを手に入れた小さなギフトショップがありますが、レストランでは食べていませんでした。小さな近所を見て、写真を撮ったり、猫を撫でたりするのは楽しいことでした。


アイノシマは新鮮な海の空気のために都会の近くに、そしてあなたが望むならばレストランの新鮮な魚介類の近くに素晴らしい休暇です。

JR列車をご利用の場合、博多帰り便の総交通費は1680円です。


アイノシマ相島

新郷新宮

福岡大学駅(福岡工業大学)福工大前駅


http://www.welcomekyushu.com/event/?mode=detail&id=9999900048745&isSpot=1&isEvent=



By helloalissa
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿