Loading...

Mar 21, 2018

六甲Togeから湯河原までのハイキング

この過去の週末、私は最終的に今年の最初のハイキングのために出ました...そして、実際には、6ヶ月で私の最初のハイキング。木々や自然に囲まれた、良い友達と長い一日を過ごしました。


私たちは年を取るために簡単なハイキングを選んだ。そのほとんどは、実際には、実際にはかなり優しい下り坂の道でした。それは私達が話し、追いつくことができるように始める良いものでした!


詳細を伝える前に、その日の番号を共有しましょう。新宿駅からは、小田急線で2時間10分、小田原駅からJRに乗り換えています。品川から新幹線があり、約半分の時間がかかります。


我々がしたハイキングは6.5時間を要し、約11kmでした。それには、私たちが昼食のために取ったほぼ1時間、写真撮影、話し、そして1日の終わりに寺院への1回の迂回が含まれます。このようなハイキングは、そうする傾向があった場合には、はるかに短い時間で行うことができます。


私たちはJR熱海駅で午前9時に会って、十国峠登り口に向かうバスに乗り、そこから十六峠に上っていた。私が一番高い標高だったと信じているこの地点は、山の美しい景色を持つと言われています。富士ですが、しばしば山のように見えます。富士、それは完全に雲に隠されていた。ビューはまだ美しかったです。



富士山富士は写真の中心にある雲の後ろにいる。


私たちは、実際には、この地域の360度の見通しを持っていました。




多くの写真を撮り、景色を鑑賞した後、私たちはハイキングを開始しました。パスは非常に明確でよく投稿されました(日本語)。 Higanesan Tokoji(日金山東光寺)という神殿に向かった。私たちが到着したとき、私は駐車場とたくさんの人がいることに驚きました。小さくても活発な寺院です。




そしてそれには古い像がたくさんありました。これは私のお気に入りの一つでした:




そこから、私たちは海を見下ろすピクニックベンチで昼食を取った岩戸山への分岐路を出る前に、しばらくしていました。



食べた後、私たちは湯河原に向かう道に戻った。それは簡単な道だったが、テンプルと岩手山の最初のセクションよりも保守があまり整っていなかった。それにもかかわらず、それは簡単でした。機能的ではあるが、丈夫ではないブリッジがいくつかありました。



私はこれらのファンではありませんが、まあまあです。


私たちが続けていくうちに、数メートルごとに、番号のついたマーカーを渡しました。彼らは寺院で始まり、町のいたるところまで続けました。




途中から途中で、私たちは引き続き徐々に大きくなった素敵な川に沿って歩き始めました。我々はかなりの時間それに沿って歩いた。一度町に入ったら、再びそれと会って小さな川だった。




トレイルの一部


ハイキングの終わりは、トレイルヘッドを通り過ぎると、舗装された道にありました。このセクションに沿って、私たちはついに木々が咲き誇り、木の木、梅、桃の木を見ました。彼らは素敵だった。




私たちのハイキングのほぼ終わり、そして実際にはマーカンナンバー1で、私の好奇心と寺院の愛は、それが価値があるかどうか、まさに私たちが見つけ出すものがないと、巨大な階段を登ってしまいました。寺院を示す標識がありました、それはそれでした。それで、私たちは行って、実際には唯一の本物の登りです。頂上には、椿寺(椿寺)があります。




それはかわいい場所だったし、私の友人と私はちょうど去っていたので、そこに住む高齢の女性が出てきて、私たちを寺院の中に招待しました。私は彼女が言ったことすべてをキャッチすることはできませんでしたが、彼女は天井を見ることに言及しました。私は入場料を徴収するか、または人を入場させないように寺院に慣れているので、私はこれを非常に驚いた。私たちは靴を脱いで行きました。私たちは、周りをよく見ていたし、内部は素敵だったと天井はパネルに塗ら花(辞書は、これは英語では椿であると言います) つばきを持っていました。




女性が小さい寺院の周りを見回すと、女性は戻ってきて緑茶とチョコレートをくれました!彼女は私たちの日、どこから来たのかなどについて尋ねました。私たちが終わったら、私たちは敷地と椿木と花々の周りに私たちを見せたいと思っていました。そこにはいくつかのタイプがありました。私の友人は本当に花が大好きです。女性は本当に私たちを見せてくれることを楽しんでいるようでした。私は会話の一部を忘れました(私の友人と女性はどちらも日本語でしたので日本語でした)が、私はプライベートツアーと女性のフレンドリーな熱意を本当に楽しんでいました。


ちょっとした後、私たちは途中でまた行きました。最後は湯河原温泉こごめの湯)に行き、湯河原駅(湯河原駅)に向かう前に野外でリラックスして帰りました。





By TheHikingAlto
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com