Loading...

Apr 11, 2018

「ひふみよほうれん」で日本の美味しい蜂蜜!

去年の夏、私は千葉県の南房総に行きました。そこで私は非常においしいハチミツと素晴らしいサラダドレッシングを発見しました。立山市には、ワインからろうそくを作ったり、ハチミツのアイスクリームを作ったり、「Cafe123」で素晴らしいランチを作ったりするワークショップに参加することができる、「Hifumi Yohouen」と呼ばれるハチミツ栽培のHifumi Apiaryがありますさまざまな種類の蜂蜜を購入する。彼らは300から1200グラムの蜂蜜の小さくて大きな重さのボトルを販売しています。





あなたのデザインワックスキャンドルを作るためのワークショップは、10年以上館山に住んでいたフランス人女性が開催しました。彼女はすばらしい日本語を話し、蜂を大いに賞賛します。キャンドルの形を作る前に、それを柔らかくする必要があります。したがって、55度のお湯に固体のワックスを入れなければなりません。度が高すぎるとワックスの柔軟性が失われるため、水の温度を上げないことが非常に重要です。ワックスが柔らかくなった後、あなたはそれの小さなボールを作って、ただあなたの想像力に従うことができます。ワックスが柔らかいときは、芯の穴を忘れないようにしてください。






ワークショップの後、 "Cafe123"でおいしい料理を味わうことができます。カフェの誇りは、蜂蜜の焼き鳥、オリジナルドレッシングのサラダ、野菜のスープ、ハチのアイスクリームです。


ワークショップやカフェ施設の近くには、さまざまな種類の蜂蜜菜の花、ビワ、ラベンダーなどを買うことができる蜂蜜店があります。蜂蜜のほかにロイヤルゼリー、プロポリス、オリジナルサラダドレッシングなどを販売しています。彼らはレイプの花、蜂蜜と甘いタンジェリン、トマトと蜂蜜のソースを混ぜた包帯を持っています。彼らはまた、ジンジャーとハチミツ、ハンドハニークリーム、蜂蜜などのベルギーチョコレートと一緒にconfitureを持っています。彼らは貴重で美味しい贈り物として彼らを美しく詰め込んだ蜂蜜の贈り物セットを持っています。

公式英語ウェブサイト:

http://123-832.com/e-index.html

作業時間:9.00から17.00まで

休み - 水曜日

住所:千葉市立山市幡谷515番294-0047

ホットタッチ:立山駅内房線から約20分(約1.3km)



By SutekinaNihon
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com