Loading...

Nov 19, 2017

冬の不思議の国に生まれた緑茶?それが可能だ!

最近、静岡では緑茶のすべてを味わうことができたので、日本でどこでおいしい飲み物が栽培されているかをもっと知るために、私の火の中で本当に点灯しました。私は現在、寒い時期に冬の不思議の国として最も知られている新潟に住んでいます。私たちは今週の季節に私たちの最初の雪を得ました(そして、私はこれを書いているので、現在雪が降っています)。訪れる価値のある他の興味深い茶地域を探していたとき、村上氏の地域でも私の県以外で栽培されていることに驚きました。


ココノエンティーショップ - 冬の死者 - 地元の紅茶を販売しています。 

村上町は新潟の北の北にあり、私が今住んでいるところから約80マイル離れており、日本海のすぐそばにあります。町はおいしいサーモンと牛肉で知られていますが、これは紅茶よりも少し説得力があります。興味深いことに、村上は茶生産の最北限にありますが、ここでの条件は完璧な醸造葉を栽培するのに適しています。村上が雪国の一部であるという事実は、太陽光のレベルが低いほど、甘い茶を奨励するように見えるし、時にはその苦い味を放つタンニンのレベルが低いため、実際に雪の国の一部であるという事実は、彼らは静岡のような地域の生産レベルの近くにはどこにもいないが、生産するものは非常によく評価されていると言われている。


冬の村上の茶畑 - いつものシナリオではお茶が栽培されているのが見えます!



それはもっとそれに似ています! 

新潟に住んでいないにもかかわらず、この地域で生産された茶のいくつかを試してみたいと思っている人は、いくつか手を挙げることができます。 Kokonoen 、地元のお茶の生産者と小売店、また、あなたがオンラインで購入することができますウェブサイトを持っている-あなたはおそらく、茶こしを持っていない場合(ただし、あなたがしている場合ティーバッグ様々なを含む利用可能な製品の範囲がありますとにかくそれらのいずれかをピックアップすることをお勧めします - 彼らは非常に便利です)。





新潟県村上市にあるココノ園では、地元産の抹茶とわかしが出ました。 

町には、オンラインで注文できるウェブサイトを持っているフジミエンという名前の別のお茶屋もあります。両方のサイトは日本語ですが、あなたの日本人は経験の浅いレベルであってもナビゲートが比較的簡単です。



お茶が日本の地域で栽培されているかどうか知っていますか?もしそうなら、あなたは地元のブレンドを試しましたか?


 すべての写真は国公園の礼儀です 
 
 

この掲示板は、静岡グリーンティーガイドの一部である特別な茶ブログのレポートであり、日本のブロガーのためのCity-Costを通して、投稿を作成する新しい「日本」の経験に従事するチャンスです。

By genkidesu
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿