Loading...

Feb 16, 2018

歴史バフのための日本の5つのスポット

私は歴史的なバフです。いつもありました。だから、日本での生活や旅行は常に本当のことでした。何千年もの豊かな歴史を持つ国にいることは、過去を探求しようとする人にとっては多くの選択肢を提供しますが、旅行を計画するのを困難にする可能性があります。非常に多くの選択肢に直面し、それらを楽しむための限られた時間にいかに彼/彼女の旅行を最大限にすることができますか?


それは私が来るところです。日本周辺の最高の史跡と博物館の多くを見て、私にいくつかの勧告をさせてください。


最初のステップは、歴史的なカテゴリでそれを分解することです。多分あなたは武士と戦時中です。おそらく、日本の自己孤立(サコクの政策の下で)が終わった後の急速な工業化の時期を好むかもしれません。私が通常使用するカテゴリは次のとおりです:


伝統的な日本の歴史(1200年以前)


三重県伊勢神宮




伊勢神宮は、日本の皇室とそれが由来する神、アマテラスに捧げられた神社です。伝説のところ神社は旧暦の頃までさかのぼると言われていますが、最初の神社の建物は692年まで建てられませんでした。日本のほとんどの神社とは異なり、主要な建物は保存されていません。むしろ交互に土地を築いて20年ごとに再建されています。あなたが正しい時を過ごすならば、20年前の前身と並んで新しい構造を垣間見ることができます。





侍の歴史(1200-1868)


岐阜県関ヶ原市




これは日本全国で最も重要な武士の戦いの場でした。戦国時代を終わらせ、幕末の江戸時代を幕開けした。日本全土の軍隊が現代の関ヶ原町を渡って集まってきた実際の戦場で、町は地図を提供しているので、畑を歩くことができます。





日本の産業革命(1853-1937)


北海道五稜郭




日本の産業革命にはさまざまな特徴がありますが、特に興味深いのは、明治維新(帝国時代の王朝復帰)を開始した移行期です。 1868年以前には、日本は西洋の影響(フランス、ロシア、米国、英国など)の導入を見て、支配を幕府に残したいと望んでいた人々と国を返そうと望んでいた人々の間に権力闘争があった皇室の下で支配する。これは戊辰戦争(内戦)をもたらし、最終戦は函館にあるフランスの要塞である五稜郭(Goryōkaku)で行われました。要塞は現在大きな公共の部分であり、隣の塔は博物館と印象的な構造の鳥瞰図を提供しています。





Wartime Japan(1937-1945)


靖国神社/湯浅館、東京




この神社と隣接する博物館(ユーシュカカン)は、正当な理由のため、論争に陥っています。なぜそれほど論争が多いのかについての説明は、その記事(またはその問題については本)にふさわしいが、私は、1978年以来、皇帝も直接の加盟国の誰も訪れていない首相司祭は一方的に、有罪判決を受けた戦犯の魂を祀ることを決めた。私は訪問を勧め、日本の戦時行動に貢献した軍事主義的感情を理解することができますが、あなたが見て読んでいることを、その根拠となる歴史が日本の軍事歴史をはっきりと理解していると理解してください。






戦後の歴史(1945-現在)


国防省、東京




靖国神社とゆうしん館に対抗して、私は国防省の現在の敷地を見学することを勧めます。そこには市ヶ谷記念館があります。新しい省庁の建物を建設するために数百ヤードの移動をしたが、元の構造を救済できるほど多くのものを忠実に再現した。重要なのは、東京戦争犯罪裁判所がまだ残っているメインホール、1970年に自衛隊をクーデターに乗せようとした超민족主義者の三島由紀夫が、 1日を通してグループツアーを数回提供しています。





ご質問やその他の推奨事項はありますか?下のコメントセクションを自由に使用してください!

By genkidesuka
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com