Loading...

Feb 28, 2018

花粉症予防にべにふうきはいかが?

『静岡緑茶ガイド』にて、“ティーレポーター”を務める谷口 史恵です。

今月の緑茶レポートをご覧ください。



まだまだ寒い日がつづいていますが、はやくも「花粉症」の季節がやってきます ね。はやめに始める花粉症対策として、べにふうき緑茶のご紹介です。 


袋井市豊沢にあるお茶の宝玉園さんをたずねました。

→宝玉園HP  http://hougyokuen.com/



黒いのぼり旗は、静岡県茶業会議所が認定する「静岡茶屋」店の証。

お茶の知識があり、本格的な静岡茶を気軽に提供してくれるお店のことなんです。

のぼり旗の「茶」という文字はオモテもウラもなくシンメトリーですてきですね。


入店すると店内がふわっと温かく、お茶を沸かしているためか、適度にうるおっ ている感じで一気に元気が湧いてきそう。 

店員さんに花粉症に効くべにふうき緑茶のことを尋ねると、手軽に飲めるスティックやティーバックのものがあると教えていただきました。 

すぐにべにふうき緑茶の試飲もさせていただきました。


熱湯で淹れて成分を出し、飲むとときは冷ましながらいただくといいそうです。 

子ども用にもいれていただきました。

このときはお湯で薄めたものを出してくださった のですが、家庭で飲むときは、大人と同じものをいれて、しばらくおいたものをあげるといいそうです。 

お茶って、いれてからしばらくおいておくと沈殿 していきますよね? 

お茶の細かい葉や成分が沈殿していくので、その上澄みをあげると飲みやすいそ うですよ。そうするとお湯で割らなくても飲めるそうです。


宝玉園さんでお茶をいただいた後は、香りの丘茶ピアへ足をのばしてみました。

香りの丘茶ピアは、茶室や直売所、手もみ体験ができる研修所を備えた本格的茶 処体験ランドです

→香りの丘 茶ピア HP http://jaenchu.ja-shizuoka.or.jp/business/other/chapia/


茶ピアの展望台にのぼって、眼下に広がる茶園をながめてみました。


春の芽吹きに備えて、冬の間は冬眠中ですね。

一年を通して、茶園を見ることのできる静岡は本当にすてきだと思います。


風邪や花粉症予防にお茶を飲んで暖かい春を迎えたいですね。

ちなみに、紅茶用の品種である「べにふうき」には、抗アレルギー作用のあるメチル化カテキンという化合物が多く含まれています。

飲むタイミングは食事のとき、日中がおすすめだそうですよ。


静岡緑茶ガイド ティーレポーター・谷口 史恵)



GreenTeaGuide's 最新の投稿