Loading...

静岡緑茶ガイド

Click to see in English

Overview

静岡のお茶のルーツは、13世紀頃、高僧が中国から種を持ち帰り、静岡市の安倍川上流域に蒔いたのが始まりとされます。今日、静岡は全国の緑茶の約半分を生産しており、県内で見られる茶畑は、エキゾチックな形をしたグリーンに光るテラスのようです。

富士山麓の水が作り出す静岡のお茶は、何世紀にも渡り、そこに住む人々とその暮らしを形作ってきました。高僧は、お茶という作物だけでなく、文字通り“お茶文化の種”をも蒔いたのでした。

静岡は、外国人旅行者にとってはアクセスしやすく、伝統的な静岡の緑茶文化と見事な茶畑の景色を気軽に楽しむことができます。

お知らせ

Shizuoka Tea Reporter

ブロガーレポート