Quantcast
Loading...

Oct 13, 2018

野田市の味

私は千葉県を代表する犬のマスコット千葉くんの鼻に住んでいます。歴史的に、この都市は大豆とエダマメの生産と川の貿易に依存していました。エダマメは、未熟大豆の日本の用語です。彼らはしばしば茶色にされ、塩のビットで提供され、広く日本のレストランやスーパーで利用可能です。


野田市の川の貿易では、日本酒、みりん、大豆、醤油、醤油を東京に持ち込んだ。しかし、列車の輸送と製造が進展し、農家の老齢化に伴い、この種の貿易は徐々に減少しています。


この都市は依然として醤油生産の中心地です。大豆を原料とする食品の主要生産者であるキッコーマンとキノエネは、引き続き地元経済のキープレーヤーとなっています。現地のレストラン、商人、地域の指導者は、大豆製品の現地生産と製造を維持するために最善を尽くしています。地元の食材を使ったお菓子やドリンクを作る。


私の大好きなラーメン店のひとつが砂漠のエダマメアイスクリームです。それは素朴で甘くて素敵な風合いを持っています。

野田市の味 photo


川端駅東口の近くのメナージ・モミジは心のこもったラーメンと夕暮れを提供します。これは彼らが提供するエダマメ風味の豊かなアイスクリームです。味は微妙ですが、はっきりとエダマメです。

野田市の味 photo


アタゴ駅前のスーパーマーケットでは、大豆味のおやつを見つけることができます。

野田市の味 photo

momiji manju sweetsとshouyu、soy、ciderの包装は素晴らしくレトロです。


しかし、私はあなたに注意する必要があります。エダマメサイダーはあなたがあえて飲むだけのものです。素敵になりましょう、それは土壌を味わってください。

野田市の味 photo




By TonetoEdo
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com