Loading...

Sep 22, 2017

根を主張する:川越緑茶菓子

カワゴエの伝統的な伝統的な食べ物はウナギとサツマイモですが、 カイセキでも有名です。しかし、あなたが近年川越に行ったことがあるなら、あなたは緑茶の味付けされたものがスウィートポテトのものほど一般的であることに気づいたかもしれません。日本では、特定の味で有名な地域は珍しいことではありませんが、通常、地域で重要な食材が栽培されているためです。今日、川越は多くのサツマイモを収穫していませんが、それは全国から輸入しているので、まだ野菜の重要な拠点です。


だから、あなたは川越が緑茶のプランテーションが明らかに欠けている緑茶製品を作る理由を疑っているかもしれません。関東地方で最も顕著な緑茶生産地であるサヤマ緑茶地域が近くにあり、あなたが正しい道を歩いていると思っている場合は、しかし、それは佐山茶園が近くにあるからだけではなく、実際に佐渡茶が川越で生まれたからです。ええ、さやまのプランテーションが何千年も前に去る数年前、実際には緑茶が産まれました。近年、川越の多くの店舗がこのマーケティングの機会を捉え、サヤマ緑茶の文字通りかつ比喩的なルーツを主張し、緑茶の味付け品を提供し、関東地区の緑茶菓子の核として開発しています。


川越/さやま緑茶の歴史


紅茶は縄文時代に日本に初めて訪れたと言われていますが、9世紀の現在の滋賀県では茶の最初の記録はそれほど遅くはありません。川越の記録は830年に司祭職人平明山(京都)から茶種を持って川越に植えたときから始まります。彼は、今日の喜多殿と奈川寺院の一部であった百合寺に種を植えました。種子は植えられ、薬用目的で栽培されました。当時、緑茶の主な使用は身体をリフレッシュさせリフレッシュするためでした。緑茶は発熱を減らし、体を解毒し、利尿薬として働くと考えられていました。川越のプランテーションの記録はありませんが、川越地区には古い茶園の痕跡があります。川越茶は江戸時代に佐山地区に広がって1802年に「さやま茶」として再現されたといわれています。川越の奈良神社には「さやま茶がここに生まれました」という碑が誇らしげに刻まれています。それのほかに、緑の茶が刻まれた簡単な歴史を持つ別の石碑があります。


今日の川越の緑茶


川越で利用可能な緑茶生産物、特に菓子の急増はかなり最近です。いくつかの緑茶店は何世紀にもわたっていますが、緑茶菓子を提供するお店のいくつかはまったく新しいものであるか、または現代風味の菓子類の導入はここ5年でしか起こりませんでした。ここでは、川越倉庫/保管庫地区のベルタワーエリアにある注目すべき緑茶菓子会社を紹介します。


これは、川越の倉庫地区の鐘楼周辺の集中エリアにある小さな店舗です。観光地の他の地域には、緑茶生産の店やカフェがあります。緑茶関連の展示がある博物館や、緑茶の儀式を体験できる場所や、嵯峨野茶の川越のルーツを宣伝して祝うために開催される特別イベントもあります。あなたが川越を訪れているなら、アイスティーの素敵なお茶を楽しんでみたり、抹茶のアイスクリームを試してみてはいかがですか。

この掲示板は、静岡グリーンティーガイドの一部である特別な茶ブログのレポートであり、日本のブロガーのためのCity-Costを通して、投稿を作成する新しい「日本」の体験に取り組むチャンスです。



By Saitama
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com