Loading...

Apr 5, 2018

柳川市のお守り祭

福岡県に引っ越した直後、柳川市の南端にある「日本のベネチア」と精巧なひな祭りについて聞いた。




柳川市は、2月11日〜4月3日頃にかけて、毎年春、 佐賀門とひな人形の狂った展示になります。奇妙なポケモンのように聞こえるかもしれませんが、あなたが日本に住んでいれば、これを見たことがあります。 サギモンは、通常は赤と鮮やかな色を多く飾っています(実際には49 種類の装飾があります)。装飾は、通常、人形、花、動物のような形の手作りです。 ひな人形は江戸時代の王室の人形セットです。最大のセットは、裁判所のミュージシャンと家具を含む7つのステップで表示されます。



西日本柳川駅でさえもお祝いに入る


私は、一度城を囲んでいた堀のツアーを提供する彼らの 'パンツ'、またはモーターレスのボートでカラフルなsagemonと運河を見ることにほとんど興味がありました。私は人形の軽度の恐怖を持っているので、 ヒナの人形が見えることは間違いありませんでした。私はフェスティバル中にサゴモンを見るために私のトップ3の場所について説明しますが、私たちが歩いている間は駅から遠く離れていないので、もっと見るべきことがあることに留意してください。


私たちはこの祭りの末尾に行ったので、私たちは運河の行列やライブの人形の再現のような特別イベントでは行かなかった。まだパレードが行われていませんでしたが、ほとんどすべてのお母さんとポップストアで、まだまだたくさんの装飾がありました。私たちはまた、素晴らしい天気と桜のために十分に待って、勝つ!




佐渡温祭りのための柳川(西鉄大牟田線の急行列車)に到着した後、駅の西側の運河や堀に向かって歩いた。

私たちは最初の運河に着きました。この運河には美しい橋があり、三橋神社の巨大な門に通じています。私たちは桜の木の列を見ることができたので、私たちはそれを調べるために行った。

その辺りには実際にはいくつかの神社があり、しばらく通りを歩いて(そして、あなたが正しい季節に行くならば、桜を楽しむ)。



右手の神社に向かう途中、私たちは家に止まりました(私はちょうどそれが誰かの家だと確信しています)。それはゲストにヒナ・マツリサゴモンの装飾を見せてくれるサインを持っています。天井から垂れ下がった赤、白、ピンクのサゴモンで装飾された上の街の多くの場所の1つです。これは私がチェックアウトする場所のナンバーワンです。無料の入り口と話す写真は問題ありません。実際に誰もそこにいませんでした。


桜を楽しんだ後、私たちは運河沿いを歩き、市が名付けた柳の木とボートを撮影しました。私はピンクの旗を見て、 サギモンの表示があることを示しました酒場にもいくつかの表示があります)。毎年利用可能な特別な地図があり、注目されている特別なポイントもあります。




柳川駅からの立地を歩くのは、 おばあさんを見るのに最高の場所でした 。マイナンバー2の推薦はあるKamikyu男の子の日のヘルメットとフラグを含め、これらの装飾品を専門に、。私たちが店に入った後、私たちは背の高い部屋に入るように勧められました。子供と大人の両方の衣装があり、私たちは写真を撮ることを勧められました。これは不気味に悩まされていましたが、私たちは部屋にあまりにも多くの時間を費やしませんでした。




次に、巨大な展示であることを意味していた、 Sagemon大京の名前のために私が地図上で見た場所に行った。実際に屋外のディスプレイなので、これは私のナンバーワンの勧告です。雨のときに一時的なテントで囲まれているため、ディスプレイとのやりとりはありませんが、写真を撮ることは可能です。


あなたが日本でユニークな伝統を見たいなら、誰でもこのお祭りをチェックすることをお勧めします。ヴィンテージの人形や装飾品は、クリスマスの間に他の文化で見られるものに似ていました。少なくとも、飾り物を集めて子供に渡すことが好きな親戚がいれば。



By helloalissa
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com