Loading...

Feb 10, 2018

ユヌシガワのスノーハウス「鎌倉」祭り

ほとんどの人にとって、冬は彼らの休暇のために暖かい場所に行くための完璧な季節です。また、アルプスの雪山もとても人気があります。日本では、両方を見つけることができます。南の暖かい島々と雪のトンの北。


日本の冬はあまり人気がありませんが、その季節にしか楽しめない素晴らしい場所や祭りがあります。


札幌(北海道)で人気のある雪祭りの他に、雪が降り注ぐYunishigawaの鎌倉祭りもあります。


日光の北、山の奥には、たくさんの温泉で有名なユヌシガワの小さな町があります。


残念ながら、この場所は公共交通機関で到達することは非常に困難です。日光から電車で、鬼怒川温泉まで行きます。鬼怒川温泉には、ワールドスクエアパークと江戸ワンダーランドがあります。そこから、ユニシガワへのローカルバス乗り換えが1時間必要です。しかし、このバスは非常にまれに出発しており、特に冬の間は非常に忙しいです。


日光でさえ、雪がなくても、必ずしも雪が降っているわけではありません。


その地域では100年以上もの歴史があります。鎌倉は夕方に蝋燭で照らされた小さな雪屋です。これらのスノーハウスは、全市のあらゆる規模で見ることができます。


それらの雪の家を見るための2つの主要なスポットがあります。大きな灯火は川沿いの夕方(21時まで)にありますが、近くの野外博物館には多くの美しい雪屋やイルミネーションがあります。


野外博物館には小さなスノーハウスがたくさんありますが、バーベキューや鍋(野菜や肉のホットスープ)を楽しむことができる大きなものもあります。大きな雪の家はとても暖かく、全く静かです。あなたは外からは何も聞こえません。博物館には、古くから農家の生活を示すいくつかの古い農家のような他のアトラクションもあります。ところで、あなたの靴のためのストローロープもあったので、完全に凍った雪の上を滑ってはいけません。この方法はまた、長い時間前に遡り、まだ雪の中を歩く良い方法です。

博物館から徒歩10分の場所には、毎年1月末から3月上旬にかけて行われる鎌倉祭りのメインイベントがあります。ユニシガワ川には、雪の多い山々のように見える、川のほとりにある100の小さなスノーハウスがあります。川の隣にある子供たちは、小さな丘を滑り降りるためにプラスチックのそりを借りることもできます。残念ながら、それは大人のためではありませんでした。


夕方、川の雪の家は絶対に豪華に見えます。さまざまなライトアップはとても美しく、何とかスマーフたちが家に住んでいるかのように見えました。それはロマンチックなsoooです!


フェスティバルはあまり知られていないので、混雑していません。


また、町全体で雪の照明や本当に素晴らしい雪だるまを見つけることができます。周りを見て、美しい雪の世界を楽しんでください。


私は、フェスティバルを完全に楽しむために、町に1日滞在することをお勧めします。

By Crazydeath
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com