Loading...

Dec 28, 2017

日本のインフルエンザワクチンの入手

ある日、私は学校で娘を降ろすまで、インフルエンザの予防接種を受けることに警戒していました。この兆候を見ました:インフルエンザ13名( "インフルエンザ:13人")。それ以来、私は自分たちにすべてのショットを手にしていると言いました。


子供がいれば、誰もが病気に陥るまで病気が家の周りを回る傾向があることが分かります。風邪と発熱の継続的な発作で苦しむことの1つですが、インフルエンザは我々が戦いたくない次のレベルの課題です。


そこで、私は地元の診療所に行き、日本のインフルエンザのことを知りました。私は自分が学んだことを外国人コミュニティに伝えたいと思っていました。


[国民健康保険の対象者にのみ適用されますのでご注意ください。私は民間の健康保険に加入している人には話すことができません。]


インフルエンザは保健省の方針のもとでは必須のワクチンではありませんので、それを受け取るためには別途サインアップして支払う必要があります(子供を含む)。主要病院は、通常、特別に指定された日を除いて、インフルエンザワクチンを提供しません。歩きたい場合は、小さな病院や診療所に行く必要があります。同じ日のショットが必要な場合は、診療所が最善の策です。


診療所では、インフルエンザワクチンの形で指定されたテーブルまたはスタンドを見つけることができるはずです。彼らは、1-12歳の子供のためのフォーム、そして13-65歳の人々を持っています。私は尋ねました。ここの医師は、1歳未満の子供や65歳以上の大人にインフルエンザの接種を勧めない(つまり、与えない)ため、これらの年齢層のために外出することはありません。


フォームはいつでも利用できるはずですが、クリニックではショットを管理するための時間帯が設定されています。たとえば、私の診療所では、子供のインフルエンザ予防接種は、10:30-11:30と16:30-17:30の間でのみ提供されていました。


任命された適切な書式を記入して、指定された時間に診療所(自分またはあなたの家族)に診察を受けている人を連れてきてください。 [注:あなたの子供のための迅速な温度チェックを行う必要があります]。その時点で、スタッフは他のすべての患者がインフルエンザの発症を待っているのを待つように求めます。




まず、フォームを見直し、あなたがそのショットを受け取るのに十分な健康状態であることを確認する医師があなたを見るでしょう。いくつかのドキュメントはあなたにその場でショットを与えるかもしれません。私の診療所では、ワクチンを配達するために待っている場所に戻ってくるように求められました。


2回目に呼び出されると、看護師はショットを管理し、記録が証明され、請求書が作成されるまで待機エリアにもう一度戻るように求めます。




最後に、料金(ワクチン1回につき1500-2500円程度)を支払って記録を取得します。そしてそこにはあなたがそれを持っています - 季節のためのインフルエンザ無料(うまくいけば)!

By genkidesuka
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com