Loading...

Dec 31, 2017

塩蔵の小さな緑の空間の変化する顔

小さな都市の都市部と見なされているところに住んでいると、近隣の公園の数と質は多少不足しています。本島では、本島港とマリンゲート(フェリー港)の間に、Googleマップ上の千賀ノ浦緑地(千波ノ浦緑地)と呼ばれる小規模なサイトがありますが、緑地の小さな空間は非常に異なっています。

私は娘が生まれる前に、この小さな海辺の公園に数年前に恋していました。私はちょうど愛らしい小さな緑の場所だと思っていました。その時点で、丘の上や小さな屋根の上にある小さなガゼボ風の座席は、宇宙のフェンス以外に覚えておくことができる唯一の人工物であり、湾、そして湾に面した短い海の壁。

残念なことに、その後、津波が来て、その悲惨な出来事への記念碑は、2.3メートルの高さがどれほど高いかを思い出させて、夜間に見える小さなスポットライトで、緑色のスペースの右側に巨大に立っています。それはこの公園の津波の高さのためのウォーターマークでした。彫刻された岩の高さを見るだけで、宮城の2011年の災害の被災者を厳粛に、しかし必要な思い知らしで満たすことができます。また、記念碑を囲む岩石には、影響を受ける地域の記念碑と地名を作成するための寄付者の名前が記載されています。

Googleマップによると、この特定の記念碑の名前は、塩釜市東日本大震災報道(塩鴨市東大門大新四門)または塩蔵市東日本大震災記念碑です。記念公園として指定されています。

私はこの記念碑が好きです。それは私には意味がある。このスペースの残りの部分はクローバーの素敵な小さなフィールドでした。私の娘が面倒な幼児だったとき、私たちは友達と一緒にベンチに座ったり、柔らかい草の中を走り回ったりしました。半都市の日本では、素敵で、本当に、難しい小さな自然の一部でした。


2015年頃のように、クローバーの前で私の子供を抱き締める友人。

記念碑に加えて、屋根の下の丘の上の小さな席から湾の眺めを断つ、海の壁に拡張が来た。彼らはまた、神社のボートを湾の反対側に動かしました。そのため、Aeonの駐車場の向こう側にあるその小さなドックエリアは、以前よりも少なく見えました。間違いなくシーウォールでは、推論は理解しやすい。気候変動による津波やサイジングの海水面では、安全を確保する必要があります。それは機能的ですが、外に素敵な小さな昼食を食べながら、私が気に入っていることはありません。

カバーされた座席からの眺めは2015年頃でした。

それから彼らは畑への道を舗装し、それを分けた。私はまだ自分自身に言っているが、私は気にしない。それは多くの人々のために物事を容易にし、道はめったに成長しないので、それは理にかなっていると思います。雨が降りるたびに洪水が発生し、アスファルトは排水に時間がかかりますが、畑でも泥の泥になってしまったので、アスファルトは改善していると思いますか?夏にはバグやヘビが少なくなりますが、確かにここでヘビを見たことではありませんが、おそらくもっと安全です。私はまだそれが大きな緑の空間であることを逃す。


そして、それはなんと素敵な緑の空間でしたか?

その後、ステージに来ました。それ以前には、ここでは、通常携帯用テントなどの小さなコンサートがいくつか目撃されました。この辺りは夏の祭りで食べ物屋で混雑していましたが、それはいくつかの点では最高の場所でしたが、現在は屋根の付いた奇妙な形の大きな舗装されたエリアです。まれにそれはそれが似ている会場に使用されています。そして、最も頻繁には、GISHWHESが出回ったときに、急な暑い日や奇妙な写真に即興のピクニックに利用されるようです。これらのアンカーのうち2つはステージの側面に取り付けられ、2011年の災害時に船を浮かせて固定する役割を説明し、乗組員が津波を撮影できるようにしています。正直なところ、私は彼らがこのステージになぜ結びついているのかは分かりません。


今年のGISHWHESの無神論者には、人間の風船彫刻が含まれています。

ステージでは、この奇妙な光が一晩中すばらしく輝くようになり、誰かがここに光を当てることに決めたことを皆に思い出させます。この物体のプラカードは、この光の物語を説明しています。この光の話は、引退する前に海岸線の船に警報を発し、スペースを取るためのもう1つの大きな金属物体として再利用されたかつては小さな公園でした。上方には、現地に英語があります。



津波記念碑と舞台の間の芝生の草地には、時にはまだそこに行き、キックとサッカーボールが往復しています。ちょっと厄介ですが、少なくとも渡すことはできます。 。

少年時代の史跡のどれくらいの記念碑が私の一度の公園、現在の記念公園を占有するのだろうかというと時間はたった今あるが、彼らが芝生と芝生をすべて取り去るまでは、サッカーボールを毎回しています。

By JTsuzuki
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com