Loading...

Feb 13, 2018

石垣島地方食

最近の石垣島への旅行で食べ物が気づいたのは、沖縄の方が少し難しかったということでした。その場所は、ほとんどが「 いなか 」 - どこかの気持ちの真ん中です。スーパーマーケットやコンビニエンスストアではなく、20ブロックごとに、時には近隣の野菜の屋台やyaoya 、地元の市場やショットがあります。八重山グループの他の島々を訪れれば、これらの小さなお店もないかもしれません。


これは私が便利に食べることができないかもしれないと少し心配し、ひどく頭が痛むようになりました。


島で食事をした私の最初の経験は、 Shirahoのゲストハウスから徒歩5〜10分のこれらのショットンの 1つでした。私が唯一の顧客だったけれども、コンビニエンスストアのサイズについては、私が歩いていて、おはようございますとスタッフは私をほとんど認めなかった。私は利用可能なものと価格を調べ、彼らはおそらく本土やチェーンスーパーマーケットよりも高いと知っていました。私は彼らが持っているかもしれない未知の地元の食べ物について特に興味がありました。


私が気づいた最初の地域の食品(または飲み物)は、実際に自動販売機の空港にあった。私が以前に聞いたことがなかったサンピンチャーと呼ばれるボトル入りの紅茶もまたショットガンに入った 。私はmugi chaのような ' mizudashi '用のティーバッグも見られ、潜在的なオムニージの価格を指摘しましたSanpin chaはジャスミン茶で、おそらく台湾と中国からこの地域に紹介されています。


石垣島ではサトウキビ、 泡盛のほか、 はぶ集はぶヘビ毒を含む泡盛から作られた沖縄の地元のアルコールがたくさんあります。



オフシーズンには新鮮なフルーツジュースがたくさんありませんでしたが、夏には新鮮なマンゴー、バナナ、パパイヤ、サトウキビ、パイナップルジュースがたくさんあります。私はパパイヤとバナナの木々が野生に成長しているのを見て、果物はまだ緑色でした。もちろん、沖縄県内にはオリオンビールがあります。


その同じショットで私は現地に来て、私が以前考えていた手作りのおにぎりをいくつか持って来るのを見ました。私は彼がカラヤイニギの一つを取るのを見たので、私はそれを試してみることにしました。私は他のどこでそれを見たことがないし、それはおいしかったです。 カラヤイに加えて、いくつかのオムレツが入っていて、コンビニで見つけたおにぎりよりもずっと新鮮でした。




私はまた、いくつかの塩センベー 、地元の手揚げの塩漬けを選びました。 4つのセンベーを220円で食べることができれば安くていいと思っています。ただの小麦粉、塩、植物油で作っただけで、後でスーパーマーケットで見つけた他の塩センベイよりも優れています。私はそれらも好きでした - 彼らは私にアメリカのお米のケーキを思い出させましたが、彼らは不思議なことに米、コーンスターチだけを含んでいませんでした。私は地元の手作りの塩センベーを数回買った。




kokutouchinsukou:人々が沖縄県からのお土産として考えるかもしれないカップルのものがあります。 コクツウはサトウキビの地元産のブラウンシュガーで、時には地元の果物や塩で味付けされています。 Chinsukouは 時々 のような地元の味で、おやつのかなり退屈なバタークッキーの一種である(または単に「飛行機。」)石垣島もどこでも、これらの製品を販売しています。




試してみると、地元の軽食の1つはsa-ta-andagi-と呼ばれ、ドーナツの穴のように見えます。ブラウンシュガーの味はあまり甘くないし、素敵な微妙な味を含んでいます。私たちが公共市場のダウンタウンの通りで買った自家製のものは、熱いお茶で本当に良かったです。




私の夫は地元の食べ物について少し研究し、何か好奇心と呼ばれるonisasaについて聞いていました。ゲストハウスの所有者はまたonisasa販売し、私たちはそこに行ったとフレンドリーな所有者がそれらを作る方法を私たちに示した近くの商店を述べました。 Onisasaは単に薄くスライスして揚げた鶏の胸肉( 砂沙美 )、マヨネーズとソース、および( 海苔なし) おにぎりです。これらは、小さなプラスチック製のデリバッグに積み重ねられ、その後、 おにぎりは、サンドウィッチのような食事を簡単に食べるように壊されます。美しくはないが、おいしい、シンプルで興味深い地元の食べ物。 (私はonisasaが事故によって作られたと思います)。




誰もが知っている地元の食べ物は、 八重山焼です。この「 そば 」は実際に小麦だけから作られているので、 うどんや厚めのラーメン、 アルデンテを調理したもので、マグロ、 コンブ 、豚の骨で作られたスープで提供されます。 ソーキそばと呼ばれるヌードルスープには、豚肉の短い肋骨が添えられており、沖縄県全土に作られていると思います。


石垣牛も地元の食べ物ですが、「 ワグー 」の地元版です。地元の人々は特別な機会にヤギの肉を食べるだろうと私たちは山羊を飼っている人々を見た。私たちは、 八木jiru(ヤギのスープ)を試みたが、私はそれに基づいて、ヤギ肉の良い意見を与えることができないので、そのレストランはとてもおいしいではなかったと言わざるを得ない。



Satoukibiはサトウキビではなく、サトウキビを意味しますが、大丈夫です。


デザートには、サトウキビやマンゴーシャーベットのような地元の味を持つブルーシールブランドのアイスクリームがどこにでも見られます。我々は町の(イオン)マックスバリュースーパーマーケットからいくつかを試しました。

石垣島の空港と元の場所には、地元のミルク、 ミル・ミュー・ジェラートを使ったジェラートショップがあります。グアバとサトウキビの味は本当に良かったです!それは価格のためのそのような小さい量ですが、とても豊かで満足です。


結局、どこを見ているか分からない限り、石垣島にはたくさんの食べ物があります。私は夏の間に通りの向こうに売られている新鮮なフルーツが豊富であることを賭けるでしょう。

By helloalissa
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿