Loading...

Feb 23, 2018

日本の雪地に住む5つのヒント



日本の雪国に移動しますか?日本の寒い地域がどんなに雪が降っているのかを誰にでも教えてくれるものは何もないので、先に計画していたのに私の家族は比較的準備ができていませんでした。


今ここで長い冬を過ごしたので、このシーズンに拾った重要な教訓をいくつかお話したいと思います。


ここに私のトップ5があります:


1)スノーブーツではなく、ガンプートに行く

スノーブーツは素晴らしいですが、日本では日常生活では比較的実用的ではありません。まず第一に、彼らは後ろに容易に乗り降りする苦痛であり、それはあなたが非常に頻繁に靴を脱がなければならない国では信じられないほどイライラしています。また、私が住んでいるところのような場所では、スプリンクラーシステムを使って雪を取り除いています。つまり、ここの人々は、毎日の歩行者の渋滞に雪が積もって、水のプールでさらに多くを処理しています。



2)ガスヒーターを恐れないでください

私たちが最初にここに出たとき、私たちは電気ヒーターで乗り越えることができると考えました。それは私たちの最初の電気料金と私たちの目がほとんど私たちの頭の中から飛び出してくるまでです。日本の灯油ヒーターは驚くほど効果的ですが、数ペニー以上のコストがかかりますが、電気ヒーターよりもずっと安いです。私はこれらのガスヒーターを可能な限り使用することをお勧めします。あなたの暖かい体と完全な財布はあなたに感謝します。


3)コタツや温水敷物に投資する

あなたの家が私のようなものなら、セントラルヒーティングはなく、それはドラフトです。このような状況では、実行しているヒーターの数を最小限に抑えてガスや電気を節約したい場合があります。コタツ(暖かいテーブル)や温かみのあるラグは、家の残りの部分が凍りついているときでも、腰を下ろして暖かい場所を提供します。



4)4輪駆動とスノータイヤの選択

あなたはここに冬の道路を勇敢にするためにトヨタランドクルーザーを必要としません。私たちはHonda Mobilioでうまくいった。どうして?私たちのMobilioには四輪駆動があり、私たちはスノータイヤを購入しました。日本の小型車には4WD / AWDオプションが付いていますが、スノータイヤは追加料金ですが、保険料や修理費を支払う必要がないときにはお金を節約できます。


5)プラスチック絶縁材を塗布する

これはばかばかしいかも知れないかもしれませんが、もっとばかげているのは、断熱材を追加するのではなく、暖房や凍結のために鼻を払うことです。プラスチックシート(ゴミ袋、プラスチック包装、プラスチック包装材など)を使用して、すべての窓やドアに断熱材を塗布します。壁に断熱材を追加する方法はあまりありませんが、この安価で簡単なオプションを使用するだけで、他の地域でその熱を保存することができます。


雪国に住むためのヒントはありますか?下記のコメント欄を使用して、お気軽にご意見をお寄せください。

By genkidesuka
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com