Loading...

May 10, 2018

静岡県 - 茶園

私は静岡県を頻繁に訪問しています。静岡県は日本人の家族​​の一部が住んでいるからです。新幹線では静岡市に1時間半以内で到着しますので、とても快適に旅行でき、日帰り旅行も簡単にできます。


私の親戚を訪問する以外にも、私はその地域を探索するのが大好きです。静岡は美しい自然でいっぱいです。伊豆半島の海側から静岡市に近い山々に至るまで、県は誰もが提供するものがあります。県内にも富士山があります。県内のほぼ全域から見える富士山。


静岡は緑茶にも人気があります。山岳地帯のほぼすべての場所で緑茶畑やプランテーションを見つけることができます。緑茶の畑を歩き、茶の世話をしている農民とチャットをするのは本当にいい感じです。


私にとっては、緑茶の畑がどこにあるのか、いつも驚くべきことです。時々、あなたは非常に高い崖や、交通機関ではアクセスできない場所でそれらを見ることがあります。そのような場合、茶農家は畑を通る道を走る小さなカートを使う。緑茶栽培者の中には、緑茶に関するすべてを学ぶことができる緑茶ツアーもあります。静岡の観光サイトでは、英語でもツアーの多くを提供しています: 緑茶ツアー


もちろん、誰もがツアーに行く時間はありませんが、まだ静岡の緑茶文化を体験したいのであれば、緑茶を買うのはいかがですか?静岡にあるお土産屋のほぼすべてに、その地域の豊かな日本の緑茶があります。各茶には独自の緑茶の味があります。


また、緑茶は健康に非常に良いので、日本では非常に人気があります。私が気に入っているのは静岡茶舗装(深蒸し茶)です。味が強いとても蒸し茶です。パッケージにも緑茶パウダーが入っています。お茶を作るためには、茶漉しやティーポットを使わなければなりません。お湯だけをカップに注ぐことはできません。茶は、茶道での使用にも非常に適しています。そして価格はそれほど高くないので、それは完璧な緑茶を準備することをまだ学んでいる初心者にとっては完璧です。

静岡県にお越しの際は、茶園に行ったり、緑茶を試したりしてみてはいかがですか。




シティコストのサポーターのひとりであるシズオカグリーンティーガイドの支援を受けて、シティコストのブロガーが日本での生活を楽しんだり、新しい経験をすることができます。


By BlueButterfly
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com