Loading...

Feb 26, 2018

ビンガタは染色布に抵抗する

おそらくあなたはここの私の記事からはわかりませんが、日本の友人の誰かが私が布に夢中だと言うことができます。私はもの作りと縫製が大好きですが、私は美しいものを愛しています。日本は確かに豪華なファブリックを見つける国です。 「Made in Japan」は私のファブリックで見つけることを楽しむタグで、豊かな色のコットンから期待しています。どのファブリックセクションでもピックアップできます。しかし、最近、沖縄のすべてのことを捜索していた私は、この美しい島々にさらに近づく沖縄の文化の別の側面を偶然発見しました。そして、かつては琉球の王国でした。


沖縄には豊かで色彩豊かな歴史があります。豊かでカラフルな織物の伝統もあります。沖縄の織物作りの分野は、目を引く生地を誇ることができない人と、織り成す者として確かに受け入れられています。


ビンガタ紅型、染め布


名前は「紅」、「紅」または「朱」の言葉で構成されています。あなたは日本が知っている明るい赤を知っていますか?鳥居の門や神社にも見られます。それは、日本の旗の明るい赤い円です。しかし、ビンガタは赤ではありません。いいえ、その代わりに明るい赤色をはじめ、多くの他の明るい色、ほとんどの原色があり、すべてがカラフルな傑作に浮かび上がっています。

そして、すべてのビンガタが染めた傑作は何ですか?それぞれが手作業で色づけされています。染料は、色の出血から他の部分を保護する接着剤を介して布地に加工されています。これは、鮮明な線と鮮やかな色を意味します。深みは、暗い色合いで乾燥した部分の上で死ぬことによって与えられる。 1つの小さな布にどれくらいの時間とスキルが費やされているかは本当に壮大です。


ビンガタが作られる方法は2つあります.1つは手描きのステンシルで、もう1つは手で接着剤を塗布します。



Shrioma Bingata Studioによるこのビデオは、2つのテクニックの驚くほど詳細な説明がありますが、残念ながら日本語のみです。彼女は、ステンシルを切断し、接着剤を塗布し、色を塗るためのベースとして使用する乾燥豆腐について語っている。たとえあなたがすべてを理解できないとしても、この美しい芸術にどのくらいのものが入っているかはまだ分かります。


しかし、ビンガータがいかにすばらしいかについて私が耳を傾ける必要はありません。沖縄に行き、自分で体験してください。さまざまなファブリックアーティストの作品を売っているさまざまなテクニックやショップについて、ワークショップを開催できる場所はたくさんあります。


Shuri- ryusenは那覇市、沖縄に住んでいる友人が私にお勧めそれらの場所の一つです。彼はスタッフがフレンドリーで親切だと私に言った。また、日本語が話せない場合は、スムーズなコミュニケーションのための最も簡単な場所です。彼らのウェブサイトは英語ですので、予約は簡単です。


別のお勧めは、 沖縄世界のビンガタスタジオです。日本のサイトには、どの項目を染色するかによって、1,000円から1,800円の範囲の情報があります。

By edthethe
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿