Loading...

Jan 13, 2018

沖縄のヘビは何ですか?

沖縄県は豊かで複雑な歴史のため、日本で最も興味深いところです。琉球王国の500年の歴史は、17世紀初頭にどのように終わりを迎えましたか。現在は沖縄県と呼ばれています。


沖縄は日本の最も南東の島であり、島のグループで構成されています。沖縄は群島に位置していたため、韓国、中国、東南アジア諸国をはじめとする近隣のアジア諸国や、日本の他の地域からの貿易業者のための場所でした。沖縄人は、商品取引の場としての以前の役割のために、これらの近隣諸国の特徴と伝統を採用し、文化を豊かにしています。


沖縄の地図、日本



沖縄県は、フィリピンのように、多くの美しい島々があり、多くの場合パラダイスと比較される群島です。しかし、沖縄には楽園のような島々のほかにも、地域固有の食べ物などたくさんのものがあります。


食品加工、貯蔵、調理、調理、さらには食品に関する多くの要素に関しては、各国のすべての地域で独自の独自性があります。実際に、沖縄には、他の人には奇妙で肉体的に見えるかもしれないが、沖縄にとっては豊かな文化や伝統の一部に過ぎない食品があります。


あなたは探検し、新しいものを味わって食べ物を探しているのが大好きですが、ヘビを恐れていますか?食べ物とヘビの恐怖は共通していないようですが、沖縄はこれら2つの事柄を非常に密接に関連づけています。実際には、奇妙な食べ物の2つは、蛇の成分を持って沖縄で見つけられる食べ物や飲み物です。はい、毒蛇は沖縄の料理の一部です。


最初に海のヘビを試してみましょう。あなたが世界で最も有毒なヘビの1つ、海のヘビに直面する状況にいたなら、あなたはどうしますか?まあ、人間の本能が指示するように、あなたはおそらく急いで、蛇との接触を避けるでしょう。完全に正常な反応。しかし、あなたの目の前に海のヘビが出て、食卓に出て準備ができたら、それを食べようと思っているのか、次の食べ物に行くのかなど、さまざまな反応が起こります。まあ、沖縄にいた場合、レストランには海老スープ(イラブー汁、イラブジル)がメニューにあるので、この毒蛇で繊細な経験をしようとする機会を得てください。海のヘビのスープは、琉球王国王室裁判所の料理の一部として生まれたと言われています。だから、海のヘビを試してみるのは王様の経験です!


海の蛇とは別に、沖縄にもまた別の種類の酒があります。沖縄では、この地域で人気のある「泡盛」の酒が使用されています。このタイプの酒は、ヘビの毒と混ざった典型的な米のワインでできています。ベノム?何故なの?!。ハブは非常に有毒なピッタバイパーヘビです。ヘビは瓶の中に残され、そこでは恐ろしい顔で死ぬでしょう。毒はこの酒の原料ですが、市場で販売することは許されています。このハブシュ(ハブ酒)は飲みにも安全だと思いますか?


Habushu(ハブ酒)の例。

出典:http://www.gyokusendo.co.jp/okinawaworld/en/brewery/

この2つの沖縄の食べ物/飲み物を食べる勇気はありますか?あなたが沖縄を訪れる機会があれば、それを試してみて、沖縄でエキサイティングでスリリングな体験をしてみませんか?


By Jzac
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿