Loading...

May 15, 2018

2種類の静岡緑茶 - かわいいブーツに追加!

日本の茶栽培地域では、静岡県は市場のかなりのシェアを占めています。 茶の40%以上がこの地域から来ており、1200年代の歴史を持ちます。


あなたが店やオンラインで購入することができるかなりの量の紅茶が、この森の首から来るというのは、本当に驚きではありません。煎茶から抹茶、玄米茶から茶碗まで、静岡を原点としています。お茶の旅を始めるには楽しい方法を探していて、日本のこの部分から来るものを試してみたい方は簡単に出発することができますこのセットでAmazon Japanにアクセスできます 。何よりも、バッグの中に入ってくる葉っぱのティーですから、マグカップが必要です。


セットには2種類の紅茶があります - 煎茶と紅茶です。各茶ブレンドは箔のパケットでシールされ、各タイプのティーバッグ10個を含んでいます。



紅茶と同様に、お茶の飲み体験をより楽しくする日本のノベルティを手に入れることができます - 小さな猫の飾り物。フィギュアには、猫が釣っているように見えるようにするために、爪楊枝をひっくり返してティーバッグをつなぐスペースがあります。結局のところ、これは日本です。そして、かわいらしさは最高です!


魅力的なセットの性質から離れて、本物の質問が勝つ... お茶はどうですか?結局のところ、ノベルティはこれまでのところあなたを得ることができます - そして、繰り返し購入をする究極の決定は味に下がるでしょう。


まず、私は煎茶を試しました。ホイルで密封した袋を開けたらすぐに臭いが気持ち良くなりました(煎茶時間は通常1〜2分、摂氏80度前後の水で沸騰しません!)。味は非常に滑らかで、軽く、爽やかでした。



ホッジャは以前はあまり経験していなかったので、このセットを買うことで、お茶の快適ゾーンの外に出ることができました。 Hojichaは、最も単純な言い方をすれば、焙煎された煎茶です。ホジチャに気づいた最初のことは、アロマでした - それは暖かく、楽しいにおいでした。ホジチャの醸造時間は、一般的には「味わい」の醸造であるとされています.30秒から3分、通常は摂氏80度で十分です。私は真ん中に座って約1分半して、結果に満足していました!あなたは間違いなく焙煎プロセスが茶に与える美味しい違いを味わうことができます。私はこの1つでカップの周りにぶら下がっているように思われる少しの沈降物に気付いたが、それは面倒ではないほど十分だった。


もしあれば、私は夏の紅茶の煎茶を軽くて爽やかなので、紅茶を選んだと思っています。


全体的には、高品質の静岡茶を楽しんだり、セットの新鮮さを楽しんだりするなら、このセットをお勧めします。また、100%静岡茶の味が好きな、愛する人のために家を送る素晴らしい(そして軽量の)贈り物を作ります。




シティコストのサポーターのひとりであるシズオカグリーンティーガイドの支援を受けて、シティコストのブロガーが日本での生活を楽しんだり、新しい経験をすることができます。


By genkidesu
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿