Loading...

Nov 23, 2017

1965年頃の卒業旅行

彼女は列車で鹿児島に行きました。新幹線がスピードを上げ、6時間からわずか3時間で乗客を運んでいた年のちょうどその年。ミススSは、卒業大学を卒業して沖縄に向かう途中で最も記憶に残った旅行をしました。彼女は鹿児島からフェリーで那覇に行きました。

年を取ることは重要ではないようです。大学を卒業し、新しい場所への休暇を取ることは、伝統に最も適しているようです。 4年の勉強の後、1965年にSさんは友人と一緒に沖縄に旅行する計画を立てました。彼女には別の国に行ったようだった。別の国だったからだ。戦後、沖縄は米国統治下にあり、日本人は入国するためにパスポートが必要でした。今日、これは衝撃的なようです。 Sを逃しても、彼女は私に言って、それの不合理に笑った。あたかも沖縄がいつも日本の一部ではなかったかのように。しかし、沖縄には豊かな歴史があり、かつては王様との国家であったことは分かっています。それはかつて琉球王国だった。中国や他のアジア諸国の影響力は、日本自身よりも大きい。ミスSは、地理的には北朝鮮の大部分よりも韓国に近いと指摘した。それでも、1971年に日本が支配権を回復した後、沖縄は完全に日本の一部となった。戻って'65、ミスズS彼女の最初の通関チェックを行った。フェリーに乗って28時間を過ごした後、彼女は新しい環境を探索するのに長い時間を待つことを非常に楽しみにしていませんでした。フェリー乗りはすべてひどいわけではありませんでした。彼女は一畳の賃貸スペースがあったデッキの下で、彼女の頭の上の水線を窓の中で見ることができたので特に楽しかったです。貧しい大学生の子供のように、彼女は最も安いセカンドクラスのチケットを買っていた。これは、デッキの下の1つの広い部屋でいくつかのスペースと共有スペースを意味しました。畳の枕と毛布。それはおそらくヨガマットで寝なくてはならないようなものでした。彼女と彼女の友人は二階の航海のほとんどを過ごしました。今、2017年には飛行機で沖縄に向かう可能性が高くなりましたが、それは当時の選択肢ではありませんでしたが、二等式の2万円を運航するフェリー乗り場はまだあります。当時、彼女が見た唯一の飛行機は米国空軍のものでした。米軍基地は依然として沖縄にとって大きな焦点であり、現在の文化にも大きな影響を与えている。国際通りである国際通りは、夜と同じようにバーが点灯し、パーティーが行われていました。しかし、ミスSはパイナップルとサトウキビについて教えてくれることにもっと興奮しました。 彼女は島の北部でパイナップル農場を訪れました。 彼女は首里城にも行きました。まあ、城はまだ再建されていなかったからね。 しかし彼女の最大のサイトは姫路の塔でした。それは第二次世界大戦中に女性の学校から形成された看護師のユニットの記憶に作成されたサイトです。 現在、記念碑と博物館が建てられていますが、戦争の恐怖を知る必要はありませんでした。彼女は生まれた年、沖縄の戦いで叔父が亡くなった。この旅行はどこかの休暇よりも個人的なものでした。なぜなら、誰もが戦争が終わった時にはまだ近いからです。彼女の最大のお土産は、彼が戦ったのと同じ浜からの家族の記憶に父親のための岩でした。沖縄はいつも記憶に残っているべき場所です。 Sさんは3月の浜辺で泳ぐのにぴったりの天気です。 50年経っても、彼女は去年に行ったのと同じくらい驚いていました。沖縄は今でも記憶に残る場所だと確信しています。訪れる人は永遠の思い出に残っています。


By edthethe
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com