Loading...

Feb 20, 2018

日本の旅で最高:ドラゴン神の宮殿に邪魔されてしまう。

あなたが日本にいる時間が長くなればなるほど、家を思い起こさせる小さなものに耽る必要性が増します。すべての主要な寺院がそれを証明するために巨大な写真と、バケツリストから刻まれたとき、それは知られていない場所のいくつかを経験することはいいです。外国人としては、日本では「オンリー・イン・ザ・イン」のファーストクラスの観光地を見つけるのがより賢明です。それにジブリ協会の一面を加えれば、中長期的な外国人のための完璧な治療法を日本で得ることができます。


ガジェエンは私のような場所です。それは私が今までに足を踏み入れる喜びを持っていた最も豪華で豪華なホテルです。その歴史は比較的短いものの、それを収容する4つの壁(プラス!)ほど豊かです。 1928年には豪華なレストランとしてオープンしました。 昭和時代の庶民と地元住民の間で、なぜドラゴン神の宮殿と呼ばれたのでしょうか。目黒めぐろの西洋料理をお楽しみいただける観光スポットでもあります。また、私は近年訪れたことの喜びを感じている東京の最も印象的な文化財の一つです。


驚くべきことに、私は日本での私の第十七年まで雅叙園で聞くことができませんでした。ホテルに近づくと、何が私のために店に入ったのかまだ分かりませんでした。ホテルの正面には、その中に保持されている驚異はほとんどみられません。他のほとんどの5つ星ホテルのように見えますが、玄関に入ると堂々たる波が右に振り回され、反駁できない権威があります。あなたは即座に現代と伝統的な建築のコントラストによって驚いています。昔ながらの着物飾りの右手の壁には日本人女性の複雑な彫刻が施された壁のフリーズがあり、左側には床から天井までの窓があり、豪華な庭園と水の外見が見えます。まもなく、ホテルの多くの重要な特徴の1つに遭遇します。大理石の橋の上に水上の赤い柱があり、桜の花が咲き誇り、ホテルの公共施設の始まりを壮大な入り口にして戻ります。

Kanade Terrace andCaféLounge Pandoraはこのエリアにあり、西洋人としてはあなたの家の味を楽しむことができます。私は両方の飲食店で食事をし、自宅から食べ物や飲み物を楽しんでいます。 Kanade Terraceでは、モダンでシックなダイニングホールで、食べ放題のランチビュッフェを90分間提供しています。提供される食べ物の大半は西洋料理です。 カフェラウンジPandoraは現代的なお茶ルームで、ホテルの緑豊かな庭園の滝のある素晴らしい景色をご覧いただけます。彼らは多種多様な紅茶とコーヒーを提供しています。もっとアフリカのアフタヌーンティーの伝統に耽ることもできます。どちらも日本人より西洋料理です。 Kanade Terraceは予約を受け付けており、事前に予約することをお勧めします。一方、 CaféLounge Pandoraでは事前に予約をしていないため、週末に待ち行列が外に出るのはこのためです。これらの場所は両方とも、都市コストのレビューセクションに掲載されています。

ホテル全体には壮大な芸術と建築の驚きがあります。ただ一つの例は、 Kanade Terraceの横にある女性のトイレの赤い月の橋です。しかし、実際にも、外国人居住者の最もうんざりを圧倒し、畏敬の念ますHyakudan、です。 白岳有形有形文化財です。それは元のレストランの完全な部分と木製の構造だけ残っています。第二次世界大戦で生き残ったのは、当時の建物を病院に変える先見性と独創性があったからです。 100階段の階段があり、7階建ての階段があります。 それは広くお風呂の家のためのインスピレーションであると考えられている、 ジブリの 油谷は、「 千と千尋の神隠し」。部屋には、非常に美しく、精巧な天井と木彫りが施されています。 AburayaHyakudanの屋根の間には、否定できない類似点があります。

「千と千尋の神隠し」の世界に運ばれる私の虚構的な欲望は実現することができたとは思っていませんでしたが、 ホテル 薬蔵の百式に近づくにつれ、私は想像もできないことを達成しました。客室は、通常、イベントを開催しているとき、またはガイド付きツアーを予約して支払ったときにのみ、何年にもわたって見ることができます。 百式を訪れる前提に応じて、壮大な内装の写真を撮ることができるかどうかに影響します。私の最近の訪問で、私はひな人形の展示会に出席しました。この時間には、写真を撮ることができる部屋が2つしかなく、残念ながら全部屋の中で最も複雑で華やかではありませんでした。現在のイベントは3月11日まで続き、2週間以上の休憩があり、再び文化財に入ることができます。次の展覧会は、3月29日から5月13日までのラッキーキャッツ展です。


Hotel Gajoen Meguroは、建築や木彫りや美術に興味のある方には必見です。快適でスタイリッシュなダイニング体験をお楽しみください。 白鶴が一般に公開されているときや、ツアーを企画するときにタイミングをとることを勧めます。特に、 ジブリのファンならば、ホテル自体は目覚ましく、西洋料理はおいしいですが、壮大で絶妙な彫刻された柱と天井を持つ印象的な印象を残す文化財です。 ホテルガーデン館目黒に行ってみると、失望することはまずありません。 ドラゴン神殿の宮殿の時間と領域に夢中になるかもしれません!




By Saitama
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com