Loading...

Apr 28, 2018

大家族が無料で幼稚園に通う埼玉県に住んでいます!

私たちは、埼玉県の田舎町に住んでおり、日本の人口減少の原因となっている可能性があります。ここでは大家族が一般的です。私の2年生の息子のクラスでは、1家族あたりの平均児童数は4人です。全国平均の2倍以上のサイズ。彼のクラスの20%は5人以上の兄弟を持っています。


埼玉のマスコット小鳩


非常に多くの大家族の理由は、家族が直面している財政問題を緩和するために地方自治体が導入した多くのインセンティブのおかげです。例えば、1児につき月額2万円を超える幼稚園は、3人目以降の子供には無料です。課税年度の4月から手数料を支払わなければなりませんが、同じ課税年度の1月に通年(4月〜3月)の手数料が返済されます。




さらに、3番目(またはそれ以上)の子供がいる場合、2番目の子供の就学前の料金は半分になります。 3回目以降の小児/幼児の入院料金は、半分になります。子供が3人以上いる場合、小学校に入学するときに就学前に入学したときに1万円、入学したときに再び1万円の支払いを受けます。だから、1人または2人の子供/恋人だけの家族の場合よりも、幼稚園にあなたの子供を送るのに必要な手数料がかかりません。


このスキームは2014年に初めて導入されましたが、当初はお互いに3歳以上の子供がいた家族のためだけでした。あなたの幼稚園の第3子どもが資格を得るためには、最も古い子供は小学校にいなければなりませんでしたが、数年前に年齢差に関係なく3人の子供がいるすべての家族のために修正しました。同様に当初はスキームは就学前のものにすぎませんでしたが、今ではクルーズ/保育園にも同様のものがあります。


幼稚園の代わりに幼稚園または幼稚園を利用する家族の場合、対応するスキームは2人以上の子供がいる家族の費用をかなり削減します。就学前の幼稚園と同じように、料金を前払いしますが、同じ課税年度の1月には、クルーズ料の大部分が町から払い戻されます。


子供の養育は、3人目の子供またはその後の子供のための子供1人あたりより多くあります。子どもが2人しかいない場合は、子供1人につき1ヵ月に1万円を得る。 3人以上の子供がいる場合は、3人目(プラス)の子供につき1子ども1人につき月15,000円を払います。




埼玉県の大家族のためのもう一つの例は、新しい家を建てるための都道府県全体の財政的貢献です。埼玉に3人以上の子供がいる場合は、県からの財政寄付を申請することができます。



無料の就学前幼稚園はまだ県全体ではないかもしれませんが、結局それは全国的であるかもしれません。安倍総理は、来年に導入される増税による収入は、 3歳から5歳までのすべての小児にとって就学前に無料になることを提案している。それは起こっても起こらなくてもかまいませんが、今のところ就学前の幼い子供のいる世帯に良い財政的支援を提供する埼玉県の区域があります。

By Saitama
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿