Loading...

Dec 8, 2017

5沖縄を訪れる主な理由

沖縄は日本で最も南部です。約363の小さくて大きな島があり、そのうちの49の島のみが住んでいる。県は、その美しいビーチと自然のためによく知られています。あなたが島の一つを訪れたいと思うなら、次の5つの理由が、あなたが沖縄への旅の最終決定をするのに役立つかもしれません:



毎シーズンは良い季節です

沖縄は亜熱帯島であり、夏は非常に暑いです。特に7月と8月の気温は40度まで上昇します。それは典型的なビーチシーズンですが、あなたは非常に強い太陽からあなたの体をよく保護する必要があります。


5月の雨と台風の季節や9月の夏には、島を訪れることはあまり推奨されません。気温がまだ高いにもかかわらず、ほとんどの場合、雨が降り、とても風が強くなります。


あなたが泳ぎたくなくて、島を探索したいなら、2月〜3月と10月〜11月は完璧な季節かもしれません。気温は通常15度から20度の間で、それは湿気ではなく、ビーチでの素敵な散歩に最適です。また、桜のシーズンは2月初めに始まります。



ビーチやアウトドアスポーツ

もちろん、南の島々は美しい砂浜では非常に人気があります。ビーチはサーフィン、ダイビング、​​または水泳に最適なスポットです。人気のビーチは三原やおおくまのビーチですが、本当に素晴らしいビーチが全ての地域で楽しめます。個人的に私は小さなビーチを好んでいます。ここであなたはほとんど一人です。


沖縄のメイン島に滞在したくない場合でも、人気のある観光地である宮古や石垣島への往路に簡単に行くことができます。島に近づき、フェリーで1日の旅行で簡単に到着できるより小さい島は、久米島、座間味または十字路です。



沖縄料理

文化、歴史、気候の違いにより、沖縄料理は日本とは異なる食物多様性があります。非常に典型的な料理は、多くの成分を一緒に混ぜることを意味する「シャンパー」料理です。卵と米(苦いメロン、主に沖縄で使われる)とのゴヤのように、豆腐で野菜を炒める。また、パパイヤのような熱帯の果物は野菜としてよく使われます(ピクルスのように)。


イカのスープやパスタは、日本全土で非常に人気があり、Saizeriyaのようなチェーンレストランでも見つかることがあります。


私の好きな食べ物の一つは、小さなブドウの形のちょうど緑色の海藻である小さな皿「umibudo」です。酢漬けの醤油とポンズーに浸した後、それは完璧な軽食です。



沖縄の文化


沖縄はかつて「琉球キングドン」と呼ばれていました。アジアの周辺地域の様々な文化を融合させたユニークな文化は、沖縄ではまだ生きています。沖縄の古い文化を探索するのに最適な場所は、那覇空港からわずか30分の修城城です。城は沖縄の古都、シュリの丘の上に立つ。典型的な日本の城に比べて、この場所は赤い屋根や壁とは全く違って見えます。特に夜には城が照らされ、とてもロマンチックな場所です!


小さなテーマパークである琉球村でも、古い文化を探索することができます。伝統的な古い住居を見て、サンシンのギターや陶器のようなワークショップに参加することができます。


「沖縄の世界」と呼ばれるもう一つの大きめのテーマパークもあり、琉球王国を眺めることができます。主な魅力は、巨大な洞窟と伝統的な琉球村のレプリカを多く持つ王国村です。



魚の多様性


沖縄はダイビングに最適です。あなたは、海と勿論多くの美しいサンゴと他の海の植物の魚や海の生き物の非常に多様性を見つけるでしょう。非常に人気のあるダイビングスポットは、海洋生物の多様性と巨大な洞窟を見つけることができる前田岬です。


あなたが水の下を通らずに海の生命を見ることを好む場合は、世界で2番目に大きい水族館に立ち寄るべきです。沖縄美ら海水族館には77の水域があります。 70種類以上のサンゴ礁を持つサンゴ礁、水温がわずか5度の海洋盆地、主要盆地には小さな魚が多く、マンタレイとホエールサメが数多くあります。この非常に巨大な水族館への訪問は家族全員にとって素晴らしい体験です。



沖縄を訪れるにはその理由がありますか?あなたの経験を共有してください!


By Crazydeath
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿