Loading...

Feb 26, 2018

金沢の茶屋で飲む抹茶

金沢は日本の中心にある石川県の首都です。最近では、日本の「3つの最も美しい景観の庭園」に分類される有名な兼六園(兼六園)だけでなく、海外からの観光客もますます人気を集めています。


東茶屋街(東茶屋街)、西茶屋街(西茶屋街)一家町茶屋街主計町茶屋街という3つの古い茶屋街があり、今日まで芸者が働いていて夜はおもてなしします。しかし、あなたが昼間にそこにいても、あなたはあなたの滞在を楽しむことができます。この記事で私は最初の地区、 東シャヤガイに連れて行きます。古い木造住宅で働いている間に茶室地区の独特な雰囲気に浸って、おいしい緑茶で休憩しましょう。




シマティーハウス


1820年に建設された志摩ティーハウスは、200年近くの歴史を持ちます。今日では博物館となり、電気照明とモダントイレだけが建造されたときとほとんど変わらないと予想されています。日本政府は重要文化財に指定されています。

大人のための入場料は500円です。あなたは自由に見渡すことができます。


お茶のお部屋では、抹茶を500円、新鮮なお菓子を700円でお召し上がりいただけます。スタッフは彼らの要求に応じて、costumersの写真を撮って、かなり素敵でした。私もそこに素敵な日本の女性に会い、素敵な会話をしました。緑茶と共に素晴らしい経験。


住所:石川県金沢市東山一丁目13-21

石川県金沢市東山1-13-21

開館時間: 9 00〜18 00

ウェブサイト: http : //www.ochaya-shima.com/english/index.html




カイカロティーハウス


通りを数メートル歩けば、カイカロ茶園を見つけることができます。志摩ティーハウスと同じ時期に建てられましたが、それははるかに大きく、地区最大のチャヤです。今日でも茶店はまだ運営されており、芸者のパーティーで忘れられない夜を楽しむことができます。昼間は多くの細部の部屋を見て、過去の時間を軽く感じることができます。


通常の入場料は750円です。畳敷きの大きなお部屋では、入場料と組み合わせてもいくつかのオプションがあるカフェメニューをお楽しみいただけます。メニューは英語でも利用できます。私は冷たい抹茶と和菓子(伝統的な和菓子)をセットにしました。アイスキューブで冷やされた抹茶のカップはとても美味しかったです。金沢は金の葉で有名なので、和歌山の頂上には輝く金色の小片が飾られていました。


住所:石川県金沢市東山一丁目14-8

石川県金沢市東山1-14-8

開館時間: 9 00〜17 00

ウェブサイト: http : //www.kaikaro.jp/eng/




金沢の茶道を訪ねるのは本当に素晴らしかったです。もしあなたがそのエリアにいたら、そこを見てもらうことをお勧めします。



この掲示板は、静岡グリーンティーガイドの一部である特別な茶ブログのレポートであり、日本のブロガーのためのCity-Costを通して、投稿を作成する新しい「日本」の経験に従事するチャンスです。

By YokoLostinJapan
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com