Loading...

Feb 2, 2018

ドントサイ:「裸の男たち」と素晴らしい冬の焚き火


これは私がいつも覚えている道祖です。
毎年1月14日に宮城で開催されるこの祭り。メインイベントは、町の人々が燃える新年の飾りを紙袋(ふくぶくくから残っているもの)で捨てて、炎上の山の上に投げ捨てる、塩釜神社の近くの焚き火のようです。伝説によると、この火災で暖められた人は来年、健康に良い状態になると言われています。コミュニティの価値ある休日の応援が一緒に束ねられていて、消防署もイベントに出席し、祭りが手に入らないようにします。燃え尽きる袋を火の中に投げ入れた後、多くの人々は神社への容易な入り口に沿ってある祭りの食べ物屋台に参加することを選ぶ。

JETプログラムで一年間のカナダ人生活に出会ってからは、この祭りがいくつかのサークルでより有名であったことについて聞いたのです。 "裸のお祭りに行くの?"彼女は尋ねた。

私の頬は、私が否定的に答えたときに赤みを帯びているかもしれません。 "私は旅行にあまり余裕がないのが残念です。"このようなフェスティバルは、東京や大阪などの都会のある場所で行われなければならないと考えて、私は反対しているかもしれません。

"いいえ、いいえ、ここは塩釜で、裸の人が街をぶち壊って走っています。"彼女は言いました。

私が半世紀の間住んでいた町で、一部の大衆ヌーディスト・パレードが定期的に起こっていて、どういうわけかそれを知らなかった可能性があるなら、私は少しの間、熟考しました。後で私の日本人の夫、塩鴨先住民がこの問題を直ちに解決するように求められました。 「彼女は道教を意味する」

「焚き火?」私は尋ねた。私が覚えることができる暖かい炎の大量の山。

"うん、"彼は言った。 「約走っている人がいる...」

"彼らは裸ではない。"私は言わなければならなかった。私は彼らが裸であることを思い出していただろう。適度に控えめなアメリカ人として、膨大な数のヌードがまだ私をガードしています。私はいつも裸の人の存在下にいることをよく知っており、ドントサイの参加者は私の内部ヌード警報に決して従事していませんでした。

彼は肩をすくめた。ドントサイの婚姻者は、衣服をあまり着ていないのは事実です。白い膝丈のタイツやボクサーの上にシンプルなロンの布が標準的な服装のようです。胴体を覆う温熱包帯は、特に女性参加者にも見られます。これらの最小限の衣料品オプションは、宮城の1月の寒さの中で少しのプライバシーを提供するだけではありませんが、熱狂的な観客はまだ服を着たものよりも裸ではありません。

今年は、ボランティアのグループが、「Rashoi、Rashoi!」と唱えて通りを歩いていると聞きました。定期的に市の周りの行列に続き、神社に戻った。一部の学校やクラブでは、地域の一部の企業と同様に、参加者を集めています。興味深いことに、いくつかのグループは、場合によってはより長いパンツ、他の場合には制服を含む、よりテーマ的に適切な衣装選択を選択する選択肢を有するようである。これは、参加者が簡単だったと言っているわけではありません。そこは凍っていた。

私は彼らが野球クラブか学校のチームだと思っていますか?

多分何らかの形の武道ですか?


同じ夜、仙台の大崎八幡宮でも同じように半分裸のボランティアを迎えて念仏祭を開催していますので、1月中旬に宮城にいて、興味深い半裸の巡礼方法を見たいなら、あなたには2つの選択肢があります。 2月後半に京都と広島の本州南部では、岡山で最も有名な日本の多くの場所に同様の "裸の"祭りがあります。

By JTsuzuki
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿