Loading...

Apr 4, 2018

お疲れ様です(OTSUKARESAMADESU)

「おつれあさま」は、日本企業で主に仲間を迎えるために使用される用語です。 Google翻訳で直接翻訳されているのは、「職場で仕事をしている様子を褒め言葉で伝えている」という意味です。しかし、その言葉は英語では直接/正確な翻訳がありません。日本人にとっては、それは同僚に敬意と挨拶の印です。


私は現在、日本で6ヶ月間のトレーニングプログラムを行っており、昨年2月に到着しました。私はここ日本で多くの経験を積んだわけではありませんが、すでに日本の会社に1年間勤務しています。フィリピンでは、私は日本企業の設計エンジニアです。私は今、私の仕事のための深い訓練のためにここに来ました。


日本企業で仕事をしていると、仕事の文化から多くを学びました。日本人はいつも、おはようございます、おはようございます、朝はいつもおしっこする、お昼はいつでもお迎えください。これらの挨拶は、尊敬の兆しとして弓を伴っていたので、これは私が日本の文化について好きなものであり、人々はその周りのみんなに敬意を払います。私が日本人と仕事をするのが好きだったもう一つの事は、彼らがめったに遅くなく、実際には遅くないことです。彼らは人々を尊重し、人々の時間を尊重します。


ここでの日本の主要輸送手段は電車です。フィリピンと違って、公共交通機関は到着と出発の時間があります。オフィスへの旅行に費やす時間を計算したいのであれば、それに応じて調整することができます。


締め切りの点では、日本人は常に彼らの従業員も私たちに意味する期限を守ろうとします。彼らはいつも締め切りに遅れないようにしています。そういうわけで、ほとんどの人が残業をしているのですが、残業をしなくても時間をかけて仕事をする人もいれば、時間を正確に管理するだけです。


さらに、彼らはまた、従業員の健康管理にも取り組んでいます。これは毎週水曜日に、従業員が残業を許可されず、代わりに週中に休憩を取る理由です。また、彼らは非常に歓迎しています。昨年2月に到着したとき、彼らは到着を祝うために私たちを日本食レストランに連れて夕食を食べました。私たちはまた、3月に2度も歓迎されました。これは、日本人がどのように歓迎しているかを証明するだけです。

オールインワンでは、日本は働くには最高の国の一つだと言えるでしょう。交通、善良な人、良い環境の面倒なことはありません。

* PS日本企業に応募するにあたっては、日本人の労働者のほとんど(少なくとも私たちの会社ではほとんど)が基本的な英語の単語をいくつか知っているだけなので、 "Nihongo"彼らは彼らがしていることに非常に熱心であるので、英語を学ぶことも好きです。



By KRZ
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿