Loading...

Apr 22, 2018

永登浦アルプスを経由して秩父の宝山に登る


Hodosanの上から秩父の景色。中央のピークは秩父の最高峰の扶桑山です。


4月上旬の日曜日、私のハイキングパートナーと私は秩父のハイキングのために出発しました。長い間ハイキングをしていたホドサンに拘束されました。完璧な天気と桜の花がまだ咲いている日曜日であるにもかかわらず、私たちはトレイルがかなり静かであると感じました。


ハイキングは8.5kmから9kmの間であり、マップされた時間は約3.5時間です。私は一日の総歩行距離が約11.5kmで、昼食、軽食、写真撮影、ショッピングなどの時間を含め、終日の出来事だったと思います。このハイキングは技術的に挑戦的ではなく、全体にわたってかなり優しいです。トップの高さはわずか497.1メートルで、タカオより100メートル低くなっています。


秩父鉄道の野上駅から出発しました。



駅の大きな地図をもう一度チェックした後、私たちは途中にいました。 trailheadは駅から歩いてすぐでした。私たちを正しい方向に向けるための道に沿って、日本語でサインがありました。


道端に達するために、私たちは、マンプクジ寺院行きの混在した畑と住宅街に向かった。トレイルヘッドは、その寺院の道をちょうど下っています。寺の隣には、新しい、とても素敵なトイレがありました。簡単にそこに停泊し、その後、寺院への短い訪問の後、我々はtrailheadとハイキングその上に続いた。


trailheadにつながる寺院での番。 トイレ。



trailhead。トレイルは、これらの標識と椅子の左側にある森林に通じています。


ハイキングは挑戦的ではなかった。それは尾根のハイキングであるので、尾根まで少し登って、尾根に沿って浮き沈みが続きました。




その道は日本語でうまくいった。もしあなたが漢字を読むことができるか、少なくとも漢字に合っていれば、ルートに沿って問題はありません(ただし、場合によっては地図を持参してください)。トレイルもよく管理されています。




途中、ある時点で100円を支払うよう依頼する箱に来ました。我々は両方ともお金を払った。これは名誉制度に基づいています。



コレクションボックス。 それにサインのクローズアップ。


どうやら、ハイキングコースの少なくとも一部は私有地にあります。私はそれが間違っているかもしれない。私たちがこの収集箱にいたとき、地元の男が私たちを通り過ぎて、トレイル、山、および秩父の歴史について説明しました。私はできる限り最善を尽くそうとしましたが、彼が言ったことのほんの少ししか捕らえませんでした。彼はハイキングが巡礼だったと言った。山道であるホドサンには、登山の最後に見られる神社の殿堂があります。ホドサンは秩父の3大社の一つです。他の2つはMitsumine ShrineとChichibu Shrineです。


我々は続けた。私たちがトップに近づくにつれて、私たちはいくつかの階段でより急なセクションを打ちました。



いくつかの階段。


階段のすぐ後すぐに、私たちは一番上にいました。




上から見る。


私たちはベンチの上の一番上でランチを食べました。ハイカーの他のグループがあったが、それは混雑していなかった。ちょっと風が強くて天気は良いものの、私は美しいと思って少し驚きました。


昼食後、私たちは永登浦駅への降下を開始しました。ピーク直後には、小さな神社と、スナック、「メモリアル」ピン、香などを売る2つの小さなお店がありました。



神社。



神社のお店。右の店の古いファンタサインに注意してください!


私たちの降下は、レストラン、トイレ、小さな庭があるケーブルカーの駅を通り過ぎました。この地域には、桜をはじめとする多くの樹木が咲き誇っていました。



ケーブルカー駅から保山神社までの道のりの大部分は、舗装された道にありました。それは森林を通って比較的穏やかな降下でした。私は道を好むが、それはまだかなり可愛かった。


山の一番下には、ホドサン神社に着きました。私たちはまず、駐車場の店でスナックを食べました。私たちはともにダンゴを持っていて、それに行くメープルサイダーを持っていました。



販売のためのDango。



メープルサイダーとダンゴ。私は空腹で、写真を撮るのを忘れてしまった。


私は前にメープルサイダーを見たことがなかった。本当においしかったです。それはメープルシロップのような味でした。しかし、軽い味で、パンケーキのようにべたつかず。私はそれとダンゴをお勧めします!


ソフトクリームがポストハイキングスタイルの方が多い場合は、桜や味噌、豆腐ミルクなどの異例の味を含む店もあります。



提供するソフトクリームの味。


私たちの軽食と簡単な休息の後、私たちは神社を探索しました。それは本当にとてもきれいだった。 3つの主要な神がここに祀られています:日本の最初の皇帝ジムヌさま、火の神、そして山の神。神社は110年に創建されましたが、現在の建物は新しいものです。彼らは明治時代(1868-1912)に改装されました。彫刻は非常に詳細でカラフルです。



神社の周りをよく見た後、神社から徒歩約15分の長門駅に向かった。暗くなるまでにまだ時間があったので、荒川の有名な岩岩を訪れるのに10分ほど歩いた。ショップは通りを川沿いにし、川ではボートツアーを利用できます。私たちは岩に沿って歩くことにしました。私たちはそれが一日の後であったので、岩に沿って全距離を歩いていたが、途中で行って駅に戻った。





駅に戻って、私は店の1人がSee-Hear-Speak-No-Evilトリオを新たに取ったことに気づいた。



長門駅に戻った後、私たちは秩父鉄道に乗り、それぞれの家に帰った。秩父鉄道が大好きです。列車は私が日本で見た中で最も装飾されたもののいくつかで、私はそれらを本当に楽しんでいます。














By TheHikingAlto
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com